SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
認知症に関するとっさのひとこと

医師のとっさのひとこと
  ――患者さん・家族との会話編

認知症に関する会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 下記のすべての条件に合致する医師
・最近1ヶ月間で、軽度認知症(MCI)またはアルツハイマー型認知症患者さんを2名以上診療した
回答者数 医院・診療所内科医 133件
主な質問項目 ・直近1ヶ月間の診療患者数
・直近1ヶ月間の患者さんに処方した薬剤
・医師が患者さんから受けた質問とそれに対する回答
・医師が他の医師にした質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRにした質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRから受けた質問とそれに対する回答
・認知症治療の治療方針
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクター
実施時期 2014年11月6日~11月15日

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.キーワードマッピング

患者さん・家族と医師との会話では、「物忘れがひどい」「怒りっぽい」「攻撃的」など、認知症の症状(中各症状・周辺症状)に関する家族からの相談が中心となっている。

2.患者さんと医師の会話

認知症について、患者さんから質問された内容と、それに対する説明内容を下記に示します。
  • 患者さん、家族との会話では、「物忘れの発見」「物忘れの悪化」の訴えが多く、それに対して、医師は症状の説明や対処方法を説明している。
  • 患者さん、家族からの会話では薬剤に関する話題はあまり見られなかった。

アンケートにご協力ください

Q1. このページの印象を★の数でお知らせください。

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと