HOME > マーケットリサーチ > マルチクライアント調査製品 > PatientsMap 臨床医2万人の診療患者数データベース > 日本の医師が疾患啓発を望むトップは「糖尿病」

PatientsMap 臨床医2万人の診療患者数データベース

日本の医師が疾患啓発を望むトップは「糖尿病」

~全国で20%の医師が疾患啓発を望む疾患に~

ペイシェントマップ※の結果によりますと、疾患啓発が最も望まれる疾患としては、全体では「糖尿病」が約20%でトップ、次いで「脂質異常症(約13%)」、「うつ・うつ状態(約12%)」となりました。
4位の「高血圧症」も含め、生活習慣病は現状の患者数でも上位に入っておりますが、医師としてはまだまだ潜在患者が多く、検査や受診を促す必要が大きいと考えているようです。


全体HPGP
1位糖尿病 (19.9%)糖尿病 (19.1%)糖尿病 (21.1%)
2位脂質異常症 (12.6%)脂質異常症 (11.1%)脂質異常症 (15.0%)
3位うつ・うつ状態 (11.9%)うつ・うつ状態 (10.7%)うつ・うつ状態 (13.7%)
4位高血圧症 (11.5%)高血圧症 (10.5%)高血圧症 (13.0%)
5位アルツハイマー型認知症 (10.9%)アルツハイマー型認知症 (9.7%)アルツハイマー型認知症 (12.9%)
6位慢性閉塞性肺疾患 (10.2%)慢性閉塞性肺疾患 (9.4%)慢性閉塞性肺疾患 (11.4%)
7位肥満 (9.2%)肥満 (8.3%)C型慢性肝炎 (11.1%)
8位気管支喘息 (9.1%)気管支喘息 (8.0%)気管支喘息 (10.9%)
9位C型慢性肝炎 (8.5%)脳梗塞 (7.8%)肥満 (10.5%)
10位骨粗鬆症 (8.3%)大腸がん (7.6%)骨粗鬆症 (9.3%)

※「ペイシェントマップ
日本最大級医療従事者向けポータルサイト「m3.com」に登録している医師会員のうち、全国11,052人に、122の疾患に関する診療状況についてのインターネット調査の結果からデータベースを構築し提供するサービスです。診療科別の疾患状況の分析や、ポテンシャル把握やターゲティングなどまで幅広く活用することが可能です。
「ペイシェントマップ」は2008年9月末から10月中旬に実施いたしました。