HOME > プレスリリース > 20050128

プレスリリース

報道関係者各位
2005年01月28日
株式会社 社会情報サービス

KOL Insights and Expectations キーオピニオンリーダーインタビューレポート
(疾患領域別 治療現状と課題 今後の展望)を発表

 MMRIはKOL Insights and Expectations (ヨーロッパ及びアメリカで行う、キーオピニオンリーダーに対するデプスインタビュー調査)を行い、特定の疾患領域における現在・今後の展望に関するKOLの意見を製薬業界にお伝えして参りました。

株式会社社会情報サービスは、MMRIが企画実施したKOLIEレポートを日本でのご紹介窓口として、製薬企業の開発・マーケティングに関わる皆様にご提供いたします。

  1. KOLI&E レポートとは

     KOL Insights and Expectations は様々な治療領域において、ヨーロッパ、アメリカで、キーオピニオンリーダーに対して行う一連のデプス調査です。
     2005年1月末現在、以下のKOLIEレポートが完成しています:

    ヨーロッパ版米国版
    アルツハイマー病
    喘息(成人)
    動脈硬化
    結腸直腸癌
    うつ
    Ⅱ型糖尿病
    高脂血症
    骨粗しょう症
    乾癬
    関節リウマチ

    現在フィールドワーク実施中および実施予定領域
    エリア:米国およびヨーロッパ(一部何れかの場合があります)

    HIV/AIDS 高血圧 乾癬 統合失調症

  2. 価格

    KOL Insights and Expectations インタビューレポートの価格は以下のとおりです:

    価格(税別)
    初回購入時のみ米国版*:75万円/1レポート
    ヨーロッパ版:105万円/1レポート
    2回目以降米国版*:100万円/1レポート
    ヨーロッパ版:140万円/1レポート



    *米国版の中で一部対インタビュードクター数が15件のものについては、ヨーロッパ版と同価格となります。

    初回購入時に複数のレポートをご購入頂いた場合も、1レポートにつき75万円となります。

  3. 納品仕様

    ・フルレポート(A4版:70~110ページ)
    ・パワーポイントプレゼンテーション用資料(20~30ページ)
    ・インタビューガイド

    ※納品物は全て英語版のみとなります。
    ※製本版およびCD-ROMのご提供となります

  4. オピニオンリーダーへのインタビュー項目と内容/高脂血症の例

    KOL Insights and Expectations では以下の点に関するキーオピニオンリーダーの見解を聞きます:
    高脂血症の臨床管理における現在の重要な問題点

    • その問題点が重要であると考える理由
    • 各問題点はどうすれば解決できるか

    高脂血症の臨床管理におけるアンメットニーズ

    高脂血症の臨床管理における、最近・今後の治療上の進展
    • 高脂血症の臨床管理に影響を与えると思われる最近の治療上の進展、その理由
      • 影響を及ぼす度合いとその理由
    • 高脂血症の臨床管理に影響を与えると思われる今後の治療上の進展、その理由
      • 影響を及ぼす度合いとその理由
      • 今後の進展が市場に与える可能性とその理由
      • 今後の進展が市場に与える時期とその理由

    高脂血症に関する臨床試験で最近開始された/近く今後開始されるもののうち、高脂血症の管理に影響を及ぼすとKOLが考えるもの。以下の詳細を確認。
    • 治験に関する基礎的な情報(略号、治験責任者、施設、場所)
    • 治験設計(患者数、被験薬、対照薬、エンドポイント、持続期間)
    • 治験設計で新しい点
    • その治験が高脂血症の管理に影響を与えると考えられる理由
    • 影響を及ぼす度合いとその理由
    • 成功する可能性とその理由

    理想とされる治療薬のプロファイリング
    • 効能、副作用、目的とする投与法等に関するパラメータ

    高脂血症の最近・今後の診断に関する展望
    • 高脂血症の今後の診断に影響すると考えられる、最近の診断法や基準の展望、その理由
      • それらの進展が及ぼす影響の度合い、その理由
    • 高脂血症の診断に影響すると考えられる、今後の診断法や基準の浸透の見通しと、その理由
      • 今後の診断の進展が及ぼす影響の度合い、その理由
      • 今後の診断の進展が市場に達する可能性、その理由
      • 今後の診断の進展が市場に達する時期、その理由
  5. KOLの選定方法  -OPEXTMを使用

    KOLの選定はMMRI社のOPEXTMという手法を用いて行います。MMRIのOPEXTMは、体系的・包括的・客観的にオピニオンリーダーを選定する手法として約15年前に確立されました。OPEXTMは疾患領域、調査国を選びません。

    OPEXTMは従来型の選定方法にみられる偏りや主観性を排除するために作られた手法です。OPEXTMは先端技術を用いたソフト、電子データベース検索、大規模な従来型の市場調査、データ入力、デジタル分析、またMMRI社内のOPEXTM専任のマネージャーたちによるモニタリングを通して行われます。

    OPEXTMの世界的なデータベースによるオピニオンリーダーの選定は、現在では175の疾患領域に渡ります。

    OPEXTMの成果物はウェブ上で提供され、OPEXTMレポートをご購入頂いたクライアントに使いやすいものとなっております。

  6. インタビュー対象のKOLドクター 対象数と選定方法

    調査はデプスインタビューで構成されます。内訳は:

    • ヨーロッパ版:15件
    • アメリカ版:10件

    選定方法

    まずOPEXTMのKOLデータベースを使用し、同じ専門の医師から推薦を受けた、KOL医師上位30名を選出します。30名をAグループ(受けた推薦の数が最も多い医師10名程度)、Bグループ(受けた推薦の数が次に多い医師10名程度)、Cグループ(最後の10名程度)に分けます。A~Cグループに入る30人全てが、同じ専門領域の医師から推薦を受けたKOLですので、Cグループからの医師をリクルートすることは有意義といえます。

    • 同時に、ヨーロッパであれば各国のKOLにインタビューを行うことも可能です。
  7. 調査期間(今後実施予定のものについて)

    • フィールドワーク 2-4 週間
    • 分析及び報告 6-8 週間
    ※2005年1月末現在フィールドワーク中の調査につきましては、2005年前半中にフィールドワーク終了の予定です。


<お問い合わせ>

家永(いえなが)、傳農(でんのう)、山澤(やまさわ)、篠崎(しのざき)
e-mail; office2@ssri.com
TEL.03-3370-3474  FAX.03-5350-1310

株式会社社会情報サービス
企画調査ビジネスユニット
企画開発コンサルティンググループ

〒160-0023 東京都新宿区西新宿 4-1-14 出光西新宿ビル