HOME > プレスリリース > 20150128

プレスリリース

報道関係者各位
2015年01月28日
株式会社 社会情報サービス

NHWSを基にした世界9ヵ国におけるうつ病患者のアウトカムリサーチ結果を発表

大うつ病の可能性のある患者のうち
うつ病の傾向を自覚している患者の割合は日本が27%と最も低い

 医薬品市場調査会社の株式会社社会情報サービス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:牧田孝)は、同社が提携しているヘルスケアリサーチ会社の米国カンターヘルス(Kantar Health)社が国民健康意識調査NHWSの日本を含む9ヵ国のデータを基にインフォグラフィックとして作成した、うつ病患者の国別プロファイリング分析結果を日本のメディア向けに発表しました。
 この分析結果から日本のうつ病の有病率は最も低く、その一方で、有病者における病状自覚率・精神面のQuality of Lifeの値も他国と比べ低いことが分かりました。

9ヵ国中最も有病率が低い日本
 NHWSではアウトカム指標として医学研究・論文で使用される妥当性の検証がされた評価尺度the Patient Health Questionnaire (PHQ-9)を採用しており、そのスコアによって、大うつ病性障害の可能性があるか見ることができます。
 9ヵ国のデータの分析結果によれば、大うつ病の有病率は、ブラジルが9.8%で一番高く、ロシアが8.2%、アメリカが7.1%、EU5ヵ国が6.9%と続き、日本は4.5%と一番少ないことが示され、その多くがうつ病と自覚していない、未診断、未治療の状況にあるとされています。
 また日本は患者の男女比が半々であったのに対し、他国は患者の過半数が女性であり、これは世界保健機関WHOの発表による、女性患者の割合の方が多いという内容と一致しています。またWHOによると、2014年時点での世界のうつ病患者は4億人で、同機関が2012年に発表した値3億5000万人よりも5000万人増加しています。
病状を自覚している割合・精神的QOLも最も低い
 前述の通り、日本における有病率は最も低いという結果でしたが、ある2つの特徴が見られました。
 評価尺度PHQ-9により有病していると判断できる患者のうち、自身がうつ病を患っていると自覚している患者の割合がほとんどの国では過半数である中で、日本は27%と著しく低いことが示されました。
 また、NHWSにはQuality of Life (QOL)の評価尺度SF-12 (現在はSF-36)も含まれており、それによる精神的QOLは、世界的に大うつ病患者の値の方が一般生活者に比べて低い傾向にあり、ブラジルのうつ病患者の値は35.4、米国・EU5ヵ国は31.9、ロシアは31.1であったのに対し、日本の値は28.5と30にも満たず最も低いことが分かりました。
疾患啓発の重要性
 米国カンターヘルス社は、本分析結果からSSRIやSNRIなどの普及によりうつ病の効果的治療法が確立されている現在、うつ病に対する疾患啓発が重要としています。
 社会情報サービスはさらに、日本におけるうつ病に対しての自覚率が他国に比べ著しく低いことから、我が国における疾患啓発はより重要であるとの見方を示しています。

 なお、NHWSは年1回毎年実施しており、本分析については2011年データが使用されました。また、このインフォグラフィックは、米国カンターヘルス社のホームページで閲覧可能です。

<NHWSの概要>

対象疾患・症状 165以上
調査対象 10ヵ国(米国/EU5ヵ国/日本/中国/ロシア/ブラジル)の一般生活者
調査開始年 1998年
アメリカ
2000年
イギリス、フランス、ドイツ
2004年
イタリア、スペイン
2008年
日本
2009年
中国
2011年
ロシア、ブラジル
サンプルサイズ アメリカ
75,000
EU5ヵ国
57,000
日本
30,000
中国
20,000
ロシア
12,000
ブラジル
10,000
調査方法 インターネット調査(新興国では一部スタジオ面接も併用)
特徴 アウトカム指標として医学や公衆衛生で使用されているSF-36, WPAI, ACT, LFQ, PHQ-9などを採用しており、包括的な患者像の把握が可能です。
有病率や診断率などの他、患者の特徴(考えや行動)についても把握することができ、それらを使用して論文やポスターも数多く(600件以上:2015年現在)発表されています。
URL http://www.ssri.com/marketing/nhws/
■本件お問い合わせ先
担当 船橋
TEL 03-3370-3474
FAX 03-5350-1310
E-MAIL nhws@ssri.com
■株式会社社会情報サービス
設立 1982年4月
資本金 2,700万円
代表者 代表取締役 牧田 孝
従業員数 110名
所在地 本社
〒160-0023
東京都新宿区西新宿5-1-14 出光西新宿ビル 3F、5F、7F
大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町4-6-3 大明ビル4F
関連会社 PDリサーチ株式会社、SSRI China Co., Ltd.(中国法人)
URL http://www.ssri.com/

■Kantar Health

World Headquarters
11 Madison Avenue New York NY 10010 United States
Regional Offices
North America / Asia Pacific / Africa / Middle East / Europe / Latin America
Company Detail
OwnershipSubsidiary
StatusActive
Kantar Health is a leading global healthcare consulting firm and trusted advisor to many of the world's leading pharmaceutical, biotech, and medical device and diagnostic companies. It combines evidence-based research capabilities with deep scientific, therapeutic and clinical knowledge, commercial development know-how, and brand and marketing expertise to help clients evaluate opportunities, launch products and maintain brand and market leadership.
URL
http://www.kantarhealth.com/