HOME > プレスリリース > 20160929

プレスリリース

報道関係者各位
2016年09月29日
株式会社 社会情報サービス

PatientsMap 2016JPを販売開始

2016年版では“製薬メーカーの信頼度” “薬剤以外でのアンメットニーズ”も調査

 株式会社社会情報サービスとエムスリー株式会社は、2016年9月30日よりPatientsMap 2016JP(2016年日本版)の販売を開始する。
 PatientsMapは2万人以上の医師の協力により約400疾患の診療の有無や患者数を調査したデータベースで、シリーズ累計で50社以上の企業で活用されている。

≪PatientsMap 2016JPの特徴≫

製薬メーカーの信頼度の把握が可能
 PatientsMapでは、これまでも製薬メーカーMRの訪問状況(訪問の有無や訪問頻度等)を調査してきたが、2016年版では『製薬メーカーの信頼度』を調査した。PatientsMapでは2万人以上の医師が対象となっている事から、診療科別や地域別等、様々な角度でどのメーカーの信頼度が高いのかを把握する事が可能となった。
薬剤以外のアンメットニーズ把握が可能
 PatientsMapでは、これまでも『新薬を望む疾患』という形で、医師のアンメットニーズを調査してきたが、2016年版では初めて『薬剤以外(手術療法・装具等) の新しい治療法を望む疾患』を追加。これにより、薬剤療法が主たる治療方法ではない疾患におけるアンメットメディカルニーズの把握が可能となった。
2015UK、2014US(2016US:2016年11月リリース予定)と合わせ、3か国での診療状況・薬剤ニーズ把握が可能
 PatientsMapでは、日本では2010年より毎年実施、米国では2012年と2014年の2回実施、2015年春に英国版を実施し、世界3ヶ国での診療状況・薬剤ニーズ把握が可能となった。また米国版に関しては2016年11月に最新の2016年版のリリースを予定している。
薬剤処方患者数を調査
 PatientsMapでは、2015年版からは、それまでの『診療患者数』に加え、『薬剤処方患者数』の把握も実施した。今回の2016年版でも引き続き『薬剤処方患者数』を調査した。

下記アドレスからPatientsMapのデモ画面に入れます。
https://research.ssri.co.jp/pmap/?--lang=ja


「PatientsMap 2016 日本版」の概要

対象疾患 382疾患
調査対象 エムスリー会員医師
対象条件 病院及び診療所医師の全科
調査方法 インターネット調査
協力医師数 20,372人
実施期間 2016年4月22日~7月18日実施
調査項目診療疾患
診療患者数
薬剤処方患者数(2015年版から新設)
新薬の登場を望む疾患
新しい治療法を望む疾患(2016年版から新設)
MR訪問状況
信頼できるメーカー(2016年版から新設)

なお、本サービスにつきましては、株式会社社会情報サービスとエムスリー株式会社が共同で提供いたします。

■本件お問い合わせ先

株式会社社会情報サービス
担当 傳農、茅野、木原
TEL 03-3370-3474
e-mail傳農:hdennoh@ssri.com
茅野:rkayano@ssri.com
木原:jkihara@ssri.com
■株式会社社会情報サービス
設立 1982年4月
資本金 2700万円
代表者 代表取締役 牧田 孝
従業員数 110名
所在地 本社
〒160-0023
東京都新宿区西新宿5-1-14 出光西新宿ビル 3F、5F、7F
大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町4-6-3 大明ビル4F
関連会社 PDリサーチ株式会社、SSRI China Co., Ltd.(中国法人)
URL http://www.ssri.com/
■エムスリー株式会社
設立 2000年9月
資本金 15億2,700万円
代表者 代表取締役 谷村 格
連結従業員数 2,679名(2015年3月末現在)
所在地 東京都港区赤坂1丁目11番44号 赤坂インターシティ10階
URL http://corporate.m3.com/