HOME > プレスリリース > 20180215

プレスリリース

報道関係者各位
2018年02月15日
株式会社 社会情報サービス

新規参入が続く乾癬市場の将来動向を予測

抗IL-23製剤の参入により淘汰が進む生物学的製剤 
KOLが見通す“将来必要な薬剤は6剤まで”
【 CIインサイトレポート第3弾 「乾癬」 】

 株式会社社会情報サービスは、注目される疾患分野について独自調査による開発動向や開発薬の評価を分析および今後の見通しを示唆する「CIインサイトレポート」の第3弾として、この度「乾癬」をテーマに実施、レポートを発表した。
 乾癬における生物学的製剤は、以前からの抗TNF、抗IL-12/23に加えてこの2年間で抗IL-17が加わり、現状では7剤展開されているが、今後は更に複数の抗IL-23の新規参入が見込まれることで、市場の激化は必至であり、生き残りを掛けた関連メーカーのシェア争奪に注目が集まっている。
 また、昨年新規経口剤「オテズラ」の上市により経口剤のニーズが再認識される等のこともあり、乾癬は医薬品業界でも注目度が高い疾患になってきていると言える。

■ 調査結果の一部抜粋

Part I データ分析編
オープンソースを基にした、既存品18製品、開発品15製品を対象に、製品プロファイル、試験情報、論文情報などを分析。
Part II 定量調査編
203名の乾癬専門医(Bio User103名、Bio Non-User100名)を対象とした定量調査

103名のBio User(抗IL-23製剤の治験参加医21名含む)に、「今後臨床上で必要な生物学的製剤の薬剤数」について調査したところ、“5剤”、“3剤”が多く挙がった。
  • Bio Userが今後臨床上で必要とする生物学的製剤の薬剤数は「5剤」または「3剤」が18~19%で高い。「現状では未定」という回答も2割程度みられる。
  • 抗IL-23製剤の治験参加状況別にみると、治験参加医では「6剤」が最も高く、非参加医よりも必要と考える薬剤数が多い。
< 今後臨床上で必要な生物学的製剤の薬剤数 >
今後臨床上で必要な生物学的製剤の薬剤数
Part III KOLヒアリング編
乾癬のTOP KOL3名にヒアリング
  • オテズラの処方動向による生物学的製剤の処方への影響はほぼなしとの見解が挙がった。また、同時にオテズラと生物学的製剤の処方対象が基本的に異なるとの見解も挙がった。
  • 現状で採用している生物学的製剤の薬剤は、BSを除く新薬6剤(レミケード、ヒュミラ、ステラーラ、コセンティクス、ルミセフ、トルツ)が挙がった。
  • 将来的に臨床上で必要な生物学的製剤の薬剤数は、6剤(内訳:抗TNF、抗IL-17、抗IL-23 各2剤)が挙がった。
  • 疾患別の今後の生物学的製剤の第一選択薬は、尋常性乾癬では抗IL-17と抗IL-23が挙がった。
  • 新薬開発の必要性が最も高い剤型は、経口剤が挙がった。

■ 「CIインサイトレポート_乾癬」 全体概要

「CIインサイトレポート_乾癬」 全体概要

■ 「CIインサイトレポート_乾癬」 Part別概要

「CIインサイトレポート_乾癬」 Part別概要
*CI(正式名称:コンペティティブ インテリジェンス)……
自社の方針、戦略意思決定、運営に影響する外部の情報を倫理的に収集、分析、管理する組織的な一連のプロセスを指す。
日本語では「競合情報分析」と訳されることが多い。
[CIインサイトレポートの活用例]
  • 自社の営業、マーケティング、研究開発の事業方針・戦略に関する意思決定の指標として
  • 対象疾患市場・製品の Forecastingの指標として 等……

■本件お問い合わせ先

株式会社社会情報サービス
担当 : 廣瀬
TEL : 06-6228-0632
e-mail : thirose@ssri.com
株式会社社会情報サービス
設立 1982年4月
事業内容
  1. 市場調査・世論調査の企画・実施・分析
  2. 市場調査・世論調査データの販売
  3. コンピュータソフトウェアの企画・開発・販売
  4. アンケート・統計データなど各種のコンピュータ入力・集計(データ処理)
  5. インターネットサーバーのホスティング、ホームページの企画・製作・運営
  6. データベースの作成・販売
  7. マーケティング・コンサルティング
代表者 代表取締役 牧田 孝
従業員数 社員・スタッフ:137名
実査拠点スーパーバイザー:16名(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・北九州)
専属インタビュアー:60名
所在地 本社
〒162-0067
東京都新宿区富久町10-5 NMF新宿EASTビル 2F、3F
大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町4-6-3 大明ビル4F
海外子会社
艾斯信息咨詢有限公司 (SSRI CHINA Co., Ltd.)
URL http://www.ssri.com/
主な取引先
市場調査関連 医薬品・医療機器メーカー、一般消費財メーカー、広告代理店、他
ソフトウェア 調査会社、シンクタンク、広告代理店、教育機関、官公庁、製造業・流通業等、各種業種
データ処理 シンクタンク、官公庁、医薬品・一般消費財メーカー、広告代理店、他
インターネット関連 医薬品・一般消費財メーカー、医療系ポータルサイト、他
加盟団体 一般社団法人 日本マーケティングリサーチ協会 (JMRA)
社団法人 コンピュータソフトウェア協会 (CSAJ)
米国医薬品市場調査団体 (PBIRG)
欧州医薬品市場調査協会 (EphMRA)
欧州世論・市場調査協会 (ESOMAR)