SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療に関するとっさのひとこと

医師のとっさのひとこと
  ――患者さんから質問編

肺動脈性肺高血圧(PAH)に関する医療現場の会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 下記のすべての条件に合致する医師
・肺動脈性肺高血圧(PAH)の患者さんを診療している
・最近PAHに関して、患者さんや同僚と話をする機会があった
・病院に勤務している
回答者数 計100件
一般内科 11件/循環器内科 36件/呼吸器内科 35件/膠原病・リウマチ内科 12件/皮膚科 6件
主な質問項目 ・現在診療している肺高血圧患者数
・PAH患者さん(ご家族含む)から受けた答えにくかった質問とそれに対する回答
・質問をされた患者さんのプロファイル
・医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)にした質問とそれに対する回答
・医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)から受けた質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRにした質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRから受けた質問とそれに対する回答
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクター
実施時期 2014年8月4日~8月6日

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.キーワードマッピング

肺動脈性肺高血圧症(PAH)について、患者さんからの質問では、「治療内容」「治る可能性」「症状の訴え」が話題に挙がっている。

2.患者さんと医師の会話

肺動脈性肺高血圧症(PAH)について、患者さんから質問された内容と、それに対する説明内容を下記に示します。

※アンケートからの抜粋です
ケース1:
icon_l
内服で耳が聞こえにくくなりました
icon_r
そういう副作用もあるかもしれませんので、中止しましょう。
ケース2:
icon_l
長生きできますか
icon_r
わからない
ケース3:
icon_l
治りますか?
icon_r
完治は難しいですが、薬をつかいながら病気とうまく付き合っていけると思います。
ケース4:
icon_l
この病気は治りますか。
icon_r
少しずつ良くなりますよ。
ケース5:
icon_l
治りますか?
icon_r
治ることは残念ながらありません。改善を目指します。
ケース6:
icon_l
フローランはやめられますか?
icon_r
今の内服薬だけでは難しいですが、新しい薬の開発に期待しましょう。
ケース7:
icon_l
このまま薬がいりますか?
icon_r
医学が進歩すればねえ
ケース8:
icon_l
治る病気でしょうか?
icon_r
検査し、状態を把握してみていきましょう。
ケース9:
icon_l
完全治癒する治療法はないのですか
icon_r
残念ながら現時点ではありません
ケース10:
icon_l
血圧が高いのですか
icon_r
通常の血圧ではないです
ケース11:
icon_l
どのくらい生きられますか?
icon_r
薬が効いているので,経過を診ていきましょう。
ケース12:
icon_l
どこが悪い
icon_r
肺の血流
ケース13:
icon_l
普通の人と同じくらい生きられる?
icon_r
人それぞれです。
ケース14:
icon_l
いつまで薬が必要ですか?
icon_r
しばらくは必要ですな。
ケース15:
icon_l
一生クスリの内服が必要でしょうか
icon_r
基本的には継続が必要となる見込みです
ケース16:
icon_l
治るんですか
icon_r
症状をよくすることができます
ケース17:
icon_l
どれくらい生きられるか、日常生活もいままでどおりできるか
icon_r
薬の反応がよければある程度は日常生活はできる
ケース18:
icon_l
このままだんだん悪くなっていくのでしょうか。
icon_r
悪くしなように治療しています。
ケース19:
icon_l
いつまで治療が必要か
icon_r
基本的に一生涯必要
ケース20:
icon_l
しんどいのはどうにかならないですか。
icon_r
進行性の病気で特効薬というのはないのでなかなか難しいですね。
ケース21:
icon_l
息切れがあるんです
icon_r
ゆっくり動いたときと、急いだときでどの程度の差があるか確認してみてください
ケース22:
icon_l
完治できる病気ですか? エポプロステノールは一生続けないといけないのですか。
icon_r
現状ではその方法しか無いのでしっかり治療していきましょう
ケース23:
icon_l
息苦しいのはよくなりますか
icon_r
できるだけやってみましょう
ケース24:
icon_l
今後いい薬はでないのですか
icon_r
いろいろでてますが、今後に期待ですね
ケース25:
icon_l
完治するんですか?
icon_r
長く付き合っっていく病気です
ケース26:
icon_l
日常生活に注意することを教えてください
icon_r
体力の範囲で無理しないことですね
ケース27:
icon_l
息苦しさはいつまで続くのですか
icon_r
新薬を使って効果が出るまでの間、徐々に体が慣れていくといいですね。
ケース28:
icon_l
肺高血圧は治るんですか?
icon_r
悪くならないように薬でがんばりましょう。
ケース29:
icon_l
薬はいつまで内服しますか
icon_r
ずっとです
ケース30:
icon_l
肺高血圧ってこわい病気なんですか。治療すれば治るんですか
icon_r
注意してみていかないといけない病気で最近いろいろな治療法が出てきています。
  • 患者さんから受けた、回答が困った質問では、「治る可能性」や「日常生活に対する影響」など予後を気にする質問が多く、医師の返答では「進展抑制を目指す」「薬物治療の継続」「新薬に期待する」などの回答が多く見られる。
  • 現在のPAH治療は対症療法が中心であり、患者さんも医師も新薬へ期待していることがうかがえる。

3.質問をした患者さんのプロファイル

肺動脈性肺高血圧(PAH)について、今回質問を行った患者さんのプロファイルを下記に示します。

アンケートにご協力ください

Q1. このページの印象を★の数でお知らせください。

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと