SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療に関するとっさのひとこと

製薬企業MRのとっさのひとこと
  ――医師への説明編

肺動脈性肺高血圧(PAH)に関する医療現場の会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 下記のすべての条件に合致する医師
・肺動脈性肺高血圧(PAH)の患者さんを診療している
・最近PAHに関して、患者さんや同僚と話をする機会があった
・病院に勤務している
回答者数 計100件
一般内科 11件/循環器内科 36件/呼吸器内科 35件/膠原病・リウマチ内科 12件/皮膚科 6件
主な質問項目 ・現在診療している肺高血圧患者数
・PAH患者さん(ご家族含む)から受けた答えにくかった質問とそれに対する回答
・質問をされた患者さんのプロファイル
・医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)にした質問とそれに対する回答
・医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)から受けた質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRにした質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRから受けた質問とそれに対する回答
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクター
実施時期 2014年8月4日~8月6日

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.キーワードマッピング

肺動脈性肺高血圧症(PAH)について、製薬企業のMRからの話題では、薬物に関する内容を中心に、「処方の依頼」「講演会、勉強会の案内」「対象患者の情報」などが話題に挙がっている。

2.医師とMRとの会話

肺動脈性肺高血圧症(PAH)について、MRからの話題や質問と、それに対する返答を下記に示します。

※アンケートからの抜粋です
ケース1:
icon_l
今度福岡で講演会があります
icon_r
当直で行けません
ケース2:
icon_l
講演会のお知らせです
icon_r
はい
ケース3:
icon_l
講演会があるので良かったらきて下さい。
icon_r
わかりました
ケース4:
icon_l
レバチオの効果はどうですか?
icon_r
効く人もいますが残念ながら効かない人もいますね
ケース5:
icon_l
新しい、常温で安定するエポプロステノール製剤があります。
icon_r
分かりました。
ケース6:
icon_l
効果はどうですか
icon_r
良くもなく悪くもなくだね
ケース7:
icon_l
患者さんは多いでしょうか?
icon_r
何とも言えない。
ケース8:
icon_l
今度新しい薬剤が開発されます。
icon_r
それは楽しみです。
ケース9:
icon_l
患者は増えますか
icon_r
増えます
ケース10:
icon_l
レバチオはレイノーの効果もあります。
icon_r
よくわかりました。
ケース11:
icon_l
ヴォリプリスの効果について
icon_r
安全性がよい
ケース12:
icon_l
講演会に参加してください
icon_r
時間があったらば
ケース13:
icon_l
息苦しさを訴える患者さんはいますか
icon_r
数人
ケース14:
icon_l
PDE阻害薬は第一選択になりうるか
icon_r
基本的に併用療法を主体とする
ケース15:
icon_l
処方後患者さんの様子はどうですか
icon_r
まだ期間が経っていないので大きな変わりはない
ケース16:
icon_l
研究会への症例掲示をお願いします
icon_r
検討します
ケース17:
icon_l
使ってください
icon_r
考えておきます
ケース18:
icon_l
診断に心臓カテーテルはなさいますか?
icon_r
心エコーしかしないこともあるよ
ケース19:
icon_l
いい症例ありませんか?
icon_r
検討中です
ケース20:
icon_l
効果はどうですか。
icon_r
少し、PHが低下した程度。
ケース21:
icon_l
アドシルカをよろしくお願い申し上げます。
icon_r
考えておく
ケース22:
icon_l
薬使ってください
icon_r
高いからね
ケース23:
icon_l
強皮症患者でシクロスポリンは使用しますか?
icon_r
はい。
ケース24:
icon_l
CETPHの患者ってどれ位いるんですか
icon_r
確定診断に至っている人は数人ですね。
ケース25:
icon_l
PAHの研究会への参加をお願いします。
icon_r
できるだけ参加します。
ケース26:
icon_l
2剤にしてからの、血液検査での肝機能評価、副作用。
icon_r
今のところない。
ケース27:
icon_l
PAHの患者はいますか
icon_r
ときどき
ケース28:
icon_l
mpaは5mmHg程度改善するようです。
icon_r
症例によるのではないですか
ケース29:
icon_l
ヴォリブリスは、高容量にするとさらに改善します。
icon_r
分かました。
ケース30:
icon_l
併用によって、予後改善効果が発表されています。
icon_r
文献を検討してみよう。
製薬企業MRからの話題では、「講演会の案内」に力を入れているMRと、「治療効果」や「患者さんの状況」のヒアリング、情報提供に力を入れているMRに分かれている。

アンケートにご協力ください

Q1. このページの印象を★の数でお知らせください。

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと