SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
認知症に関するとっさのひとこと

医師のとっさのひとこと
  ――患者さん・家族との会話編

認知症に関する会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 下記のすべての条件に合致する医師
・最近1ヶ月間で、軽度認知症(MCI)またはアルツハイマー型認知症患者さんを2名以上診療した
回答者数 医院・診療所内科医 133件
主な質問項目 ・直近1ヶ月間の診療患者数
・直近1ヶ月間の患者さんに処方した薬剤
・医師が患者さんから受けた質問とそれに対する回答
・医師が他の医師にした質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRにした質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRから受けた質問とそれに対する回答
・認知症治療の治療方針
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクター
実施時期 2014年11月6日~11月15日

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.キーワードマッピング

患者さん・家族と医師との会話では、「物忘れがひどい」「怒りっぽい」「攻撃的」など、認知症の症状(中各症状・周辺症状)に関する家族からの相談が中心となっている。

2.患者さんと医師の会話

認知症について、患者さんから質問された内容と、それに対する説明内容を下記に示します。
ケース1:
icon_l
何度も同じことを聞きます。
icon_r
認知症の始まりかもしれませんね
ケース2:
icon_l
最近物忘れが激しくって。
icon_r
物忘れですね?
ケース3:
icon_l
何に気をつけたらよいですか
icon_r
食べ過ぎないように
ケース4:
icon_l
物忘れがひどいです
icon_r
まず確認しましょう
ケース5:
icon_l
自分の持ち物がとられたというのです。
icon_r
病気のせいでしょう。
ケース6:
icon_l
介護に抵抗します
icon_r
BPSDの治療をしましょう
ケース7:
icon_l
物忘れがひどくなりました。
icon_r
悪くならないようにしましょう
ケース8:
icon_l
洋服を間違えるようになりました。
icon_r
認知機能の低下が見られるようですね。
ケース9:
icon_l
何回も同じことを言う
icon_r
辛抱強く聞いてあげること。もう聞きました等否定はだめ。
ケース10:
icon_l
最近ものわすれがひどい。家族に対して暴言を吐く。
icon_r
わかりました。認知症の進行を遅くする薬を処方しますね。漢方も処方します。
ケース11:
icon_l
物忘れが悪化しています
icon_r
お薬を増やして様子をみましょう
ケース12:
icon_l
効果はありますか
icon_r
はっきりとはわかりません
ケース13:
icon_l
物忘れが目立つ
icon_r
認知症の検査を
ケース14:
icon_l
今日は娘が都合が悪く役所の人が付いてきてくれました(実際は娘さんが来ている)
icon_r
次は娘さんが来れるといいですね
ケース15:
icon_l
物忘れが多くなってきています。
icon_r
MCIかもしれませんね。
ケース16:
icon_l
一人で外出しなくなった。
icon_r
不安や鬱傾向などかも?
ケース17:
icon_l
物忘れが時々あります。
icon_r
皆さん、そうですよ。
ケース18:
icon_l
物忘れするようになりました
icon_r
忘れたということを覚えているあいだは大丈夫
ケース19:
icon_l
物忘れが気になります
icon_r
周囲の人から指摘がありますか
ケース20:
icon_l
物忘れがひどいんです
icon_r
何度も同じ事を聞きますか
ケース21:
icon_l
同じ事を何回もいいます。
icon_r
認知症の始まりかも
ケース22:
icon_l
物を置いた場所を忘れて探しまわることが多くなりました
icon_r
一人で探さずに家族の方と一緒に探してもらいましょう。
ケース23:
icon_l
ちょっと前のことですら忘れてしまします。
icon_r
しっかり睡眠をとってますか。
ケース24:
icon_l
財布をなくしたことを自分(家族)のせいにされた。
icon_r
物盗まれ妄想の可能性が高いです。認知症の周辺症状であり、病気の進行が心配される。
ケース25:
icon_l
物忘れが多いです
icon_r
認知症かもしれません
ケース26:
icon_l
昼と夜が分からなくなっている
icon_r
1日のリズムを作ってあげてください
ケース27:
icon_l
最近、物忘れや変なことを言うことが増えた。薬があるなら処方してください。
icon_r
認知症が発症しているのでしょう。処方しましょう
ケース28:
icon_l
認知症ですか?
icon_r
検査から、軽い認知症だと思います。
ケース29:
icon_l
最近おじいさんが薬の飲み忘れることが多くなってきているんです
icon_r
家の人が注意してみてあげるようにしてください
ケース30:
icon_l
物忘れがひどくなってきた。
icon_r
年齢相応か病的なものか判断困難
ケース31:
icon_l
よくなりますか?
icon_r
進行を遅らせることができます
ケース32:
icon_l
物とられ妄想は相変わらずありますが、良い方法ないですか
icon_r
興奮などなければ様子を見ましょう
ケース33:
icon_l
記銘力低下
icon_r
専門医に相談
ケース34:
icon_l
続けて通院していると思っていたんですが?
icon_r
お会いするのは久しぶりですね。
ケース35:
icon_l
食べたこと忘れてしまうのですが。
icon_r
食べ過ぎないように注意して。
ケース36:
icon_l
最近、物忘れがひどくみられます。
icon_r
一度物忘れ外来を受診していただきましょう。
ケース37:
icon_l
夜中にごそごそしています。
icon_r
昼間はどうですか
ケース38:
icon_l
物忘れがひどくなった
icon_r
テストしてみましょう
ケース39:
icon_l
治りますか
icon_r
今は薬があるから試してみましょう
ケース40:
icon_l
夜ひとりごとを言っている
icon_r
昼夜逆転現象でしょう。
ケース41:
icon_l
薬を間違って飲んでいるようですが。
icon_r
まず確認してみましょう。物忘れはありませんか?
ケース42:
icon_l
曜日がわからなくなってきたようです
icon_r
カレンダーに印をつけるようにしてみてください
ケース43:
icon_l
おなかの調子がすっきりしない(認知症に対する質問はなし)
icon_r
整腸剤や漢方薬を飲んでいるので様子をみましょう
ケース44:
icon_l
最近物忘れが目立つような気がします。
icon_r
自分で自覚しているならあまり心配ないと思います。
ケース45:
icon_l
気力がなくなった
icon_r
話しかけをふやしましょう
ケース46:
icon_l
元気だから薬は飲まなくていいでしょ?
icon_r
毎日欠かさずに服用してください。
ケース47:
icon_l
一人で家を出てしまうのが心配です。
icon_r
docomoのペットフィットがいいですよ。
ケース48:
icon_l
最近、義父が寝たきり状態の義母に対して「早く死ね。」などの暴言を吐いたり、暴力をふるいます。
icon_r
症状が悪化しているようですので、アリセプトに加えメマリーというお薬を追加して様子をみることにしましょう。
ケース49:
icon_l
徐々に認知症が進行してきます。どうにかならないですか。
icon_r
今の医療では進行を抑制することしかできません。最終的には認知症は進行します。
ケース50:
icon_l
ご飯を食べていないという。
icon_r
一緒に食べてあげましょう。
  • 患者さん、家族との会話では、「物忘れの発見」「物忘れの悪化」の訴えが多く、それに対して、医師は症状の説明や対処方法を説明している。
  • 患者さん、家族からの会話では薬剤に関する話題はあまり見られなかった。

アンケートにご協力ください

Q1. このページの印象を★の数でお知らせください。

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと