SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
前立腺肥大症の治療薬に関するとっさのひとこと

医師の薬剤の説明編

前立腺肥大症の治療薬関する医療現場の会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 泌尿器科の医師
※第14回薬剤の使用動向調査(2015年)協力医師
回答者数 102名
主な質問項目
  • 新規に処方を開始した前立腺肥大症の治療薬
  • 新規に処方を開始した時の患者さんからの訴え
  • その薬剤を選択した時の患者さんへの説明内容
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクターパネル
実施時期 2015年5月-6月

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.医師と患者さんの会話

医師へのアンケート調査の中から、「患者さんからの症状の訴え」と、それに対する「医師の説明」を下記に示します。(50名の会話)
ケース1:
icon_l
Q.排尿困難
icon_r
A.(ハルナールを処方)尿道を拡げて出しやすくします
ケース2:
icon_l
Q.出にくい
icon_r
A.(フリバスを処方)安全でよく効く
ケース3:
icon_l
Q.尿が出にくい
icon_r
A.(ハルナールを処方)尿道(前立腺)の緊張を緩め、尿を出しやすくする薬です。
ケース4:
icon_l
Q.尿が出にくい
icon_r
A.(アボルブを処方)前立腺を小さくする薬で、徐々に効いてきます。
ケース5:
icon_l
Q.排尿困難がある
icon_r
A.(アボルブを処方)前立腺容積を縮小させる
ケース6:
icon_l
Q.頻尿
icon_r
A.(ユリーフを処方)残尿が多いので、残尿を減らしましょう
ケース7:
icon_l
Q.膀胱の痛みがある
icon_r
A.(ザルティアを処方)痛みを取る可能性がある
ケース8:
icon_l
Q.尿勢低下、夜間頻尿
icon_r
A.(ハルナールを処方)尿道の圧力を下げることで症状を緩和する薬
ケース9:
icon_l
Q.夜間頻尿
icon_r
A.(フリバスを処方)排尿間隔を延長し、尿勢も改善します。
ケース10:
icon_l
Q.排尿困難
icon_r
A.(アボルブを処方)前立腺の縮小効果
ケース11:
icon_l
Q.夜間頻尿
icon_r
A.(フリバスを処方)夜間の回数を減らします。
ケース12:
icon_l
Q.排尿に時間がかかりキレが悪い
icon_r
A.(ハルナールを処方)その症状を速やかに改善させますので飲んでみてください。
ケース13:
icon_l
Q.排尿障害
icon_r
A.(ユリーフを処方)尿道を開く
ケース14:
icon_l
Q.夜間に尿が近い
icon_r
A.(ユリーフを処方)前立腺肥大症の薬で排尿上体を改善し夜間の尿の回数も減ることがあります。
ケース15:
icon_l
Q.夜間頻尿・排尿障害・残尿感
icon_r
A.(フリバスを処方)夜間頻尿にも効果があるのが特徴です
ケース16:
icon_l
Q.頻尿、排尿困難
icon_r
A.(ユリーフを処方)尿道を広げる薬
ケース17:
icon_l
Q.頻尿です
icon_r
A.(フリバスを処方)回数を減らします
ケース18:
icon_l
Q.排尿困難 夜間頻尿
icon_r
A.(フリバスを処方)よく効く
ケース19:
icon_l
Q.排尿困難、残尿感、頻尿
icon_r
A.(ハルナールを処方)排尿症状を改善する最も一般的な内服薬
ケース20:
icon_l
Q.頻尿 尿勢低下
icon_r
A.(ハルナールを処方)前立腺肥大症の薬 効くなら数日で効果があります 副作用で困ることはほとんどありません
ケース21:
icon_l
Q.α遮断薬単剤での効果が不良で、比較的前立腺が大きい症例。 蓄尿・排尿症状の改善が不良。
icon_r
A.(アボルブを処方)前立腺縮小による蓄尿・排尿症状の改善を試みる。αblockerと併用。
ケース22:
icon_l
Q.おしっこができくいのですが・・・
icon_r
A.(アボルブを処方)前立腺を小さくする効果があります
ケース23:
icon_l
Q.尿勢低下
icon_r
A.(ハルナールを処方)筋肉を緩めて尿の出を良くする薬剤です。
ケース24:
icon_l
Q.頻尿
icon_r
A.(フリバスを処方)頻尿改善
ケース25:
icon_l
Q.尿が出にくい
icon_r
A.(アボルブを処方)前立腺を縮小する効果があります
ケース26:
icon_l
Q.夜間頻尿等
icon_r
A.(ザルティアを処方)様々な効果が期待できます。
ケース27:
icon_l
Q.おしっこが出にくいです
icon_r
A.(フリバスを処方)排尿困難を改善します。
ケース28:
icon_l
Q.尿線が弱い
icon_r
A.(ハルナールを処方)尿線を強くする
ケース29:
icon_l
Q.排尿困難
icon_r
A.(ユリーフを処方)改善率が高い
ケース30:
icon_l
Q.夜間頻尿
icon_r
A.(ユリーフを処方)ざんにょうをへらす
ケース31:
icon_l
Q.残尿感がある 尿の勢いが弱い
icon_r
A.(ユリーフを処方)効果発現が早いです
ケース32:
icon_l
Q.おしっこが近い。勢いがない
icon_r
A.(フリバスを処方)前立腺肥大の薬で、尿道を広げて排尿状態を改善します
ケース33:
icon_l
Q.尿が近い
icon_r
A.(フリバスを処方)夜間頻尿に効果
ケース34:
icon_l
Q.排尿困難
icon_r
A.(ハルナールを処方)排尿状態改善します
ケース35:
icon_l
Q.排尿終末時の滴下、尿線途絶。 α1での逆行性射精。
icon_r
A.(ザルティアを処方)膀胱の全般的症状を改善し、かつ治療によるEDを避けられる。
ケース36:
icon_l
Q.夜間の尿回数が多い。尿が出にくい。間に合わない
icon_r
A.(フリバスを処方)尿道を開き、尿を出やすくします。 脊髄にも少し作用し、頻尿を良くする可能性があります
ケース37:
icon_l
Q.尿の出が悪い
icon_r
A.(フリバスを処方)尿道の抵抗を減らしてみましょう
ケース38:
icon_l
Q.夜間頻尿
icon_r
A.(フリバスを処方)夜間頻尿に有効です
ケース39:
icon_l
Q.排尿困難
icon_r
A.(ユリーフを処方)排尿困難に効果が期待できる薬です。
ケース40:
icon_l
Q.今までの薬でもあまり症状が変わらない
icon_r
A.(アボルブを処方)前立腺を小さくする効果があるので上乗せして見ましょう
ケース41:
icon_l
Q.排尿に時間がかかる。排尿開始に時間がかかる。
icon_r
A.(フリバスを処方)尿を出やすくする薬であり、比較的副作用が少ないです。射精障害も少なく、腎機能も選びませんので。まずはこの薬単剤で治療しましょう。
ケース42:
icon_l
Q.尿が出にくい。
icon_r
A.(ハルナールを処方)尿の勢いが改善します。
ケース43:
icon_l
Q.夜に何回もトイレに行きます。
icon_r
A.(フリバスを処方)直接排尿回数を減らす薬ではありませんが、排尿状態を改善することで二次的に夜間頻尿を改善します。
ケース44:
icon_l
Q.尿が出にくい
icon_r
A.(ハルナールを処方)排尿障害を改善できます
ケース45:
icon_l
Q.排尿障害
icon_r
A.(アボルブを処方)前立腺を小さくします。
ケース46:
icon_l
Q.排尿困難
icon_r
A.(ザルティアを処方)よく効きます
ケース47:
icon_l
Q.尿の勢いがない
icon_r
A.(ユリーフを処方)排尿をスムーズにします
ケース48:
icon_l
Q.薬飲んでいても症状が変わらない
icon_r
A.(アボルブを処方)前立腺を小さくして、手術の数を減らしている
ケース49:
icon_l
Q.尿勢低下
icon_r
A.(ユリーフを処方)尿道抵抗を減少させるのに一番効果的
ケース50:
icon_l
Q.頻尿、排尿困難
icon_r
A.(ハルナールを処方)尿道抵抗を下げ排尿を楽にします。

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと