SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
SGLT2阻害薬に関するとっさのひとこと

SGLT2阻害薬に期待すること

SGLT2阻害薬に関する医療現場の会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 直近1ヶ月間に製薬企業MRからSGLT2阻害薬の情報提供を受けた医師
回答者数 病院の糖尿病専門医 71件
病院の内科医 59件
医院・診療所内科医 64件
主な質問項目 直近1ヶ月間の各社MRのSGLT2阻害薬の情報提供回数
MRから受けた情報提供の内容
医師が患者さんや医療スタッフに説明した内容
医師がMRにした質問内容
SGLT2阻害薬に期待すること
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクター
実施時期 2014年4月9日~4月11日

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.キーワードマッピング

SGLT2阻害薬には、糖の尿中排泄を促進する「作用機序」と「体重減少」の特性が期待されている。
「体重減少」では、「肥満患者の治療」「インスリン抵抗性改善」「血糖降下」などが関連ワードとして挙げられている。

2.SGLT2阻害薬に期待すること

先生方がSGLT2阻害薬に期待する内容を下記に示します。
icon_l
「血糖改善」に対して、「低血糖少ない」を期待している
icon_r
「体重減少」に対して、「心血管リスクを減らす可能性がある」を期待している
icon_l
「新規機序」に対して、「他剤無効例での使用考慮」を期待している
icon_r
「尿糖増加」に対して、「体重減少」を期待している
icon_l
「体重減量」に対して、「これまで体重の減量できる経口薬はない」を期待している
icon_r
「体重減少」に対して、「肥満糖尿病患者によい適応」を期待している
icon_l
「尿中糖再吸収抑制」に対して、「低血糖になりづらい」を期待している
icon_r
「体重減少」に対して、「効果が落ちない」を期待している
icon_l
「全く新しい作用機序」に対して、「併用薬として使えるのでは」を期待している
icon_r
「体重減少」に対して、「心血管リスク軽減」を期待している
icon_l
「糖を排出する」に対して、「肥満を抑制するのではないか」を期待している
icon_r
「膵臓細胞」に対して、「負担をかけない」を期待している
icon_l
「HbA1c低下作用」に対して、「インスリンを介さない作用」を期待している
icon_r
「尿糖排泄低下」に対して、「低血糖をおこさない」を期待している
icon_l
「新たな作用機序」に対して、「新たな選択」を期待している
icon_r
「腎での再取り込み阻害」に対して、「低血糖のリスクが少なく血糖値を強力に下げる」を期待している
icon_l
「糖排泄効果」に対して、「体重減少など」を期待している
icon_r
「併用禁忌の無い」に対して、「痩せられる」を期待している
icon_l
「尿排泄」に対して、「新機序」を期待している
icon_r
「ブドウ糖再吸収抑制」に対して、「他の糖尿病薬との併用による相乗効果」を期待している
icon_l
「体重減少効果」に対して、「他の経口薬にない特徴」を期待している
icon_r
「糖排泄」に対して、「体重減少によるモチベーションアップ」を期待している
icon_l
「血糖降下作用」に対して、「新しい作用機序」を期待している
icon_r
「糖の排泄」に対して、「体重減少、血糖低下」を期待している
icon_l
「膵臓保護作用」に対して、「膵臓保護」を期待している
icon_r
「体重減少」に対して、「肥満治療」を期待している
icon_l
「新たな作用機序」に対して、「他剤に追加処方が可能」を期待している
icon_r
「効果」に対して、「今までと作用機除が異なる」を期待している
icon_l
「腎尿細管におけるグルコースの再吸収を 阻害する」に対して、「インスリンに依存しない」を期待している
icon_r
「体重減少効果」に対して、「膵ベータ細胞の負担軽減」を期待している
icon_l
「体重減少」に対して、「肥満糖尿病患者の第一選択に使えるのではないか」を期待している
icon_r
「体重減少作用」に対して、「肥満患者が増加している」を期待している
icon_l
「体重減少」に対して、「糖排泄」を期待している
icon_r
「糖が排泄される作用」に対して、「体重減少が期待できる」を期待している
icon_l
「ブドウ糖排出」に対して、「高度肥満者には適している」を期待している
icon_r
「体重減少」に対して、「肥満を伴う糖尿病に対しての効果」を期待している
icon_l
「尿糖排泄促進」に対して、「体重減量効果」を期待している
icon_r
「糖再吸収抑制」に対して、「今までにない薬理作用」を期待している
icon_l
「肥満患者」に対して、「体重減少」を期待している
icon_r
「腎機能障害以外は」に対して、「併用薬にかかわらず効果がありそう」を期待している
icon_l
「糖排泄」に対して、「体重減少」を期待している
icon_r
「血糖降下作用」に対して、「インスリン非依存性」を期待している
icon_l
「体重減少効果」に対して、「他の併用薬剤の効果の改善」を期待している
icon_r
「血糖低下」に対して、「治療不十分な患者の有効である可能性」を期待している
icon_l
「腎臓での糖再吸収を抑制する作用」に対して、「膵臓に負担をかけない」を期待している
icon_r
「インスリン分泌能」に対して、「依存しないで、血糖を降下させる」を期待している
icon_l
「肥満のある糖尿病」に対して、「有効」を期待している
icon_r
「体重減少作用」に対して、「食事療法を守れない患者さんに適する」を期待している
icon_l
「グルコース排出作用」に対して、「さらなるHbA1cを下げる」を期待している
icon_r
「糖排泄」に対して、「体重増加抑制」を期待している
多くの医師がSGLT2阻害薬の「新しい作用機序」に対して、「体重減少の効果」を期待しており、「肥満患者に対する治療薬」という位置づけとなっている。
この他では「併用効果」が挙げられており、既存の経口薬だけでは不十分な患者への新たな選択肢として期待されていることがうかがえる。

アンケートにご協力ください

Q1. このページの印象を★の数でお知らせください。

Q2. ご家族がSGLT2阻害薬を処方されることになった場合、どの薬剤を処方してほしいと思いますか?

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと