HOME > マーケットリサーチ > マルチクライアント調査製品 > PatientsMap 臨床医2万人の診療患者数データベース > 日本の医師が新薬開発を望むトップは「アルツハイマー型痴呆症」

PatientsMap 臨床医2万人の診療患者数データベース

日本の医師が新薬開発を望むトップは「アルツハイマー型痴呆症」

~全国で20%の医師が新薬開発を望む疾患に~

Patients Map TM※の結果によりますと、新薬の開発が最も望まれる疾患としては、全体では「アルツハイマー型認知症」が約20%でトップ、次いで「脳血管型認知症(約14%)」、「うつ・うつ状態(約10%)」と、精神系の疾患が上位に挙げられました。「アルツハイマー型痴呆症」はGP(99床以下の施設の勤務医及び開業医)において、全体の25%から新薬開発を望まれていました。


全体 (n=11,052)HP (n=6,738)GP (n=4314)
1位アルツハイマー型認知症 (20.8%)アルツハイマー型認知症 (17.7%)アルツハイマー型認知症 (25.6%)
2位脳血管型認知症 (13.8%)脳血管型認知症 (12.8%)脳血管型認知症 (15.2%)
3位うつ・うつ状態 (10.4%)肺がん (10.6%)めまい (14.0%)
4位めまい (10.4%)胃がん (10.6%)アトピー性皮膚炎 (11.9%)
5位糖尿病 (10.3%)大腸がん (10.1%)パーキンソン病 (11.7%)
6位C型慢性肝炎 (9.7%)うつ・うつ状態 (9.8%)C型慢性肝炎 (11.6%)
7位胃がん (9.6%)糖尿病 (9.5%)糖尿病 (11.6%)
8位関節リウマチ (9.6%)関節リウマチ (8.6%)うつ・うつ状態 (11.4%)
9位パーキンソン病 (9.4%)C型慢性肝炎 (8.5%)関節リウマチ (11.2%)
10位肺がん (9.1%)脳梗塞 (8.2%)肥満(症) (11.0%)

※「Patients Map TM
日本最大級医療従事者向けポータルサイト「m3.com」に登録している医師会員のうち、全国11,052人に、122の疾患に関する診療状況についてのインターネット調査の結果からデータベースを構築し提供するサービスです。診療科別の疾患状況の分析や、ポテンシャル把握やターゲティングなどまで幅広く活用することが可能です。
「ペイシェントマップ」は2008年9月末から10月中旬に実施いたしました。


対象診療科:一般内科,心療内科,呼吸器内科,消化器内科/胃腸科,循環器内科,リウマチ科,小児科/小児外科,精神科,神経内科,外科,整形外科/リハビリテーション科,脳神経外科,呼吸器外科,心臓血管外科,産婦人科,眼科,耳鼻咽喉科,皮膚科,泌尿器科,放射線科,麻酔科,糖尿病/内分泌科,血液内科,腎臓内科/透析科,美容形成外科,救急/ICU,その他