HOME > マーケットリサーチ > マルチクライアント調査製品 > SDMR®(医師メディア接触調査) > 第1回 『医師メディア調査・インターネット インパクト』

SDMR®(医師メディア接触調査)

第1回 『医師メディア調査・インターネット インパクト』

「医師の4割超が、1ヶ月以内に製薬メーカーのホームページを閲覧・・・。インターネットを通じた情報提供活動で評価が高いメーカーは、“アステラス製薬“」

弊社が本年2月に実施した“SDMRR-i(医師メディア調査・インターネットインパクト)”によると、最近1ヶ月以内に製薬メーカーのホームページを閲覧したドクターは4割を超え、医療系サイトとしては「ソネット・エムスリー」「学会」「ケアネット」に次ぐ第4位となった。また、メールマガジンへの登録状況も4割を超え、こちらは「学会」を抑え第3位と健闘している。(注:「学会」「製薬企業」は特定の1つの学会、製薬企業ではなく複数の学会・製薬企業の合算値として質問)

  1. 調査概要
  2. 調査結果抜粋
  3. ご購入申し込み・お問合せ先
  1. 調査概要
    調査方法
    1.調査名SDMR®-i(第1回:2007年2月実施)
    2.目 的医師を取り巻くメディアの中で、特に変化が著しいインターネットに焦点を絞り、インターネットによるディテーリングや生活者・患者向け医療情報への接触度・関心度・影響度を把握し、医師に対する効果的なコミニュケーションプラン策定に資する情報を収集することを目的とする。
    3.調査期間平成19年2月9日から平成19年2月28日
    4.調査方法インターネット調査法
    5.調査地域関東地区/関西地区
    6.調査課題医師向けのインターネットコミニュケーションツールの接触・評価・影響度を把握する
    「一般生活者・患者向け医療情報」の認知・評価・影響度を把握する
    メーカーのインターネットの活用評価を把握する
    7.調査対象病院勤務医/開業医
    サンプル数
    内科系外科系
     HP178186364
     GP178171349
     計356357713
    内科系:「一般内科」「消化器内科」「呼吸器内科」「循環器内科」「血液内科」「神経内科」「精神科」「小児科」など
    外科系:「外科」「整形外科」「皮膚科」「耳鼻咽喉科」「婦人科」「泌尿器科」など

    調査項目

    1. インターネット接続状況
      インターネット接続状況
      携帯電話の利用状況
      PCでの利用環境
      OS、インターネットブラウザ、パソコン専用・共用
      電子カルテとの連動
    2. 医師向けサイトの接触状況
      アクセスする医療系以外のサイト
      主に閲覧するジャンル(医療系以外)
      アクセスする医療・医療情報収集サイト
      ブックマーク、ブラウザ立ち上げサイト
      「メールマガジン」「メーリングリスト」登録状況
      「メールマガジン」「メーリングリスト」閲読状況
      興味を持つメールマガジン(タイトルや小見出し)
    3. インターネット活用による診療活動への影響
      インターネット活用用途
      インターネット活用用途の重視度
      インターネット内の移動経路(欲しい情報へのアクセス経路)
      インターネットの処方行動への影響
      採用するきっかけになった情報と製品名
      処方増加(あるいは減少・中止)のきっかけになった情報と製品名
    4. インターネットを介した製薬企業活動状況と評価
      インターネットを介して情報提供を受けている製薬企業
      MRの訪問による情報提供を受けている製薬企業
      情報提供の質や量の面で“評価が高い”製薬企業
      インターネット経由での情報提供とMRの情報提供の好ましさとその理由
      製薬企業のインターネットによる活動の重要度
      製薬企業のインターネットによる活動への要望
    5. 一般生活者向けインターネット医療情報の評価と影響
      患者・一般生活者への適切な情報媒体
      患者からの情報に関する質問・相談経験有無・内容
      患者・一般生活者へのインターネット情報提供への賛否
  2. 調査結果抜粋
    1. インターネット接続状況

    2. インターネット接続状況
       医師がインターネットに接続しているのは自宅PCが最多となっているが、施設でのPCも診察室と診察室以外を合算するとほぼ同等となる。 今回、施設PCは「診察室」と「診察室以外」とに分けて伺ったが、GPでは診察室内のPCが多いという結果になった。
      PCでの利用環境
       自宅のPC、施設のPCのネット環境は以下の通り。自宅/施設とも大半がブロードバンド環境となっている。
    3. 医療系サイトへのアクセス状況

    4. アクセスする医療・医療情報収集サイト
      最もアクセス頻度が高いのは「ソネット・エムスリー」、以下「学会サイト」、「ケアネット」と続く。
      「メールマガジン」「メーリングリスト」登録状況
      メールマガジン・メーリングリストへの登録状況では「ソネット・エムスリー」、「ケアネット」の医療系総合サイトが多数を占めた。学会は閲覧頻度では2位となったが、メールマガジン・メーリングリストへの登録は少ない。
    5. インターネット活用による診療への影響

    6. インターネット活用用途
      インターネット活用目的の上位は「一般的な医療関連ニュースの閲覧」「専門分野の疾患・治療情報を得る」「専門でない分野の疾患・治療情報を得る」であった。
    7. インターネットを介した製薬企業活動状況と評価

    8. インターネットを介して情報提供を受けている製薬企業
      インターネット上での製薬企業の接触状況を見ると、「Web閲覧」「メールによる情報提供」ともアストラス製薬がトップ、次いで武田薬品、グラクソ・スミスクラインが続いている。
    9. 一般生活者向けインターネット医療情報の評価と影響

    10. 患者・一般生活者へのインターネット情報提供への賛否
      患者がインターネットを通じて疾患等の情報を得ることに対し、過半数のドクターは好ましいと感じている。好ましいと思う理由としては“疾患知識が向上し疾患の説明が容易になる”“疾患知識が向上し来院意欲が高まる”などである。
  3. ご購入申込等 お問い合わせ先は
    株式会社 社会情報サービス
    〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-14 出光西新宿ビル
    TEL:03-3370-3474 FAX:03-5350-1310 E-MAIL: office@ssri.co.jp
    担当:木原、日下(くさか)