SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療に関するとっさのひとこと

医師のとっさのひとこと
  ――患者さんから質問編

肺動脈性肺高血圧(PAH)に関する医療現場の会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 下記のすべての条件に合致する医師
・肺動脈性肺高血圧(PAH)の患者さんを診療している
・最近PAHに関して、患者さんや同僚と話をする機会があった
・病院に勤務している
回答者数 計100件
一般内科 11件/循環器内科 36件/呼吸器内科 35件/膠原病・リウマチ内科 12件/皮膚科 6件
主な質問項目 ・現在診療している肺高血圧患者数
・PAH患者さん(ご家族含む)から受けた答えにくかった質問とそれに対する回答
・質問をされた患者さんのプロファイル
・医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)にした質問とそれに対する回答
・医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)から受けた質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRにした質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRから受けた質問とそれに対する回答
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクター
実施時期 2014年8月4日~8月6日

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.キーワードマッピング

肺動脈性肺高血圧症(PAH)について、患者さんからの質問では、「治療内容」「治る可能性」「症状の訴え」が話題に挙がっている。

2.患者さんと医師の会話

肺動脈性肺高血圧症(PAH)について、患者さんから質問された内容と、それに対する説明内容を下記に示します。

※アンケートからの抜粋です
  • 患者さんから受けた、回答が困った質問では、「治る可能性」や「日常生活に対する影響」など予後を気にする質問が多く、医師の返答では「進展抑制を目指す」「薬物治療の継続」「新薬に期待する」などの回答が多く見られる。
  • 現在のPAH治療は対症療法が中心であり、患者さんも医師も新薬へ期待していることがうかがえる。

3.質問をした患者さんのプロファイル

肺動脈性肺高血圧(PAH)について、今回質問を行った患者さんのプロファイルを下記に示します。

アンケートにご協力ください

Q1. このページの印象を★の数でお知らせください。

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと