SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
新規抗凝固薬(NOAC)に関するとっさのひとこと

医師のとっさのひとこと
  ――患者さんからの質問編

新規抗凝固薬(NOAC)に関する医療現場の会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 下記のすべての条件に合致する医師
・最近1ヶ月間で、1名以上の患者さんに新規抗凝固薬を処方した
・最近、新規抗凝固薬に関して、患者さんや同僚と話をする機会があった
回答者数 病院の循環器医 32件
病院の神経内科医 30件
病院の心臓血管外科医 22件
病院の一般内科医 28件
医院・診療所内科医 29件
主な質問項目 直近1ヶ月間の抗凝固薬及び新規抗凝固薬(NOAC)の処方患者数
新規抗凝固薬を処方した患者さんの疾患名
医師が患者さんから受けた質問とそれに対する回答、及びその患者さんのプロファイル
医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)にした質問とそれに対する回答
医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)から受けた質問とそれに対する回答
医師が製薬企業MRにした質問とそれに対する回答
医師が製薬企業MRから受けた質問とそれに対する回答
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクター
実施時期 2014年9月5日~9月12日

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.キーワードマッピング

患者さんから医師への質問では、納豆の摂取など「食事制限」に関する内容を中心に、「薬代」「副作用」「服用継続」「採血」に関する質問、会話が挙がっている。

2.患者さんと医師の会話

新規抗凝固薬(NOAC)について、患者さんから質問された内容と、それに対する説明内容を下記に示します。

※アンケートからの抜粋です
  • 患者さんからの食事制限についての質問・相談に対し、医師はワーファリンと違い新規抗凝固薬は食事制限がないと回答している。
  • 薬代の問い合わせに対し、医師は患者さんにワーファリンよりも新規抗凝固薬は高いと説明している。また、処方後の患者さんからの薬代についての相談も見られた。
  • 出血の副作用に関しては、新規抗凝固薬はワーファリンよりもリスクが少ないとする説明する医師が多かった。

3.質問をした患者さんのプロファイル

新規抗凝固薬(NOAC)について、今回質問を行った患者さんのプロファイルを下記に示します。

  • 60-69歳の患者さんが34.0%、70歳以上の患者さんが39.0%であり、合わせると質問された患者さんの7割以上(73.0%)が60歳以上の高齢の患者さんである。
  • 男性が女性よりも多く(62.4%)、また大半が心房細動の患者さんである(96.5%)。
  • 診療開始直後の患者さんが35.5%、診療開始から3ヶ月未満程度の患者さんが27.7%であり、合わせて6割以上(63.2%)が診療開始から間もない患者さんであった。

アンケートにご協力ください

Q1. このページの印象を★の数でお知らせください。

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと