SSRI Logo

ライブラリ

SSRI Logo
HOME
医療現場とっさのひとこと
 
HOME > ライブラリ > 製薬会社MRのとっさのひとこと > MR活動をする上で足りないと感じていること
製薬会社MRのとっさのひとこと

MR活動をする上で足りないと感じていること

製薬会社MRについてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 製薬会社MR
回答者数 192名
主な質問項目
  • MRという職業に対する考え
  • 職業としてMRを選択した理由
  • MR活動をする上で足りないと感じていること
  • 理想のMRとは?
  • マーケティング部門との関係
  • マーケティング部門の施策や資材の活用状況
  • 今後のマーケティング部門との連携について
  • 調剤薬局から依頼された内容
  • MRが思う調剤薬局の役割
  • MRが知っている調剤薬局の活動
  • MRに求められる調剤薬局への活動
  • 調剤薬局への活動(自分がプロダクトマネージャーだったら)
標本台帳 楽天リサーチ 仕事パネル
実施時期 2015年3月26日~3月30日

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.キーワードマッピング

MR活動をする上で足りない要素として、「薬剤、医療、疾患」などの知識のほか、「ニーズの把握」「面会」などコミュニケーションがキーワードとして挙げられた。

2.MR活動をする上で足りないと感じていること

アンケート対象MRが、現在、MR活動をする上で足りないと感じていることを下記に示します。

※アンケートからの抜粋です
icon_l
売上思考からの脱却(外資系/40歳代)
icon_r
昔のように接待ができる(外資系/40歳代)
icon_l
会社の言われるがままの情報しかもっていない人間が多い(内資系/40歳代)
icon_r
患者の幸せを願う心(内資系/40歳代)
icon_l
競合他社の薬剤師用状況の情報(内資系/40歳代)
icon_r
市場動向の把握(内資系/40歳代)
icon_l
営業センス(外資系/50歳代)
icon_r
市場のボリュームアップに繋がる活動(外資系/40歳代)
icon_l
もっと時間を有効に使いたい(内資系/50歳代)
icon_r
口だけではない、患者本意の情報提供活動(内資系/50歳代)
icon_l
規制が厳しくなりすぎている。誰が誰を規制しているのかがよくわからない。どんな講演会などを企画すると医師のニーズを満たすことが出来るのかが不明瞭(内資系/30歳代)
icon_r
疾患啓発の資材が欲しい(外資系/30歳代)
icon_l
他剤の良いところを伝える(外資系/40歳代)
icon_r
得意先情報(内資系/40歳代)
icon_l
自分の能力(内資系/30歳代)
icon_r
時間が足りない=(イコール)人的配分のバランスが取れていない(外資系/40歳代)
icon_l
時間、人(内資系/30歳代)
icon_r
皆が自分をよく見せようとするので、本質などがわからず、無責任であると思う。正直に話せるようになればいいと思う。(外資系/30歳代)
icon_l
面談時間を有効に活用できるツールが欲しい(外資系/40歳代)
icon_r
医師のニーズを汲み取る力(外資系/40歳代)
icon_l
自社医薬品の新しい話題(外資系/40歳代)
icon_r
調剤薬局への訪問が少ない(外資系/40歳代)
icon_l
自身:効果的な企画を考案する能力。会社:長期的な売り上げ向上のためのビジョン、あまりにも近視眼的な指標で評価している(外資系/30歳代)
icon_r
会社の対応の悪さ(外資系/30歳代)
icon_l
家庭生活への配慮(内資系/20歳代)
icon_r
数字にとらわれない情報提供(内資系/40歳代)
icon_l
疾病や薬剤に関する学術知識(外資系/30歳代)
icon_r
様々な市場データがあり便利になっている反面、そのデータが100%正しいわけではないのにそれを元に活動指示されるようになり、個々のMRの裁量が狭くなっている(内資系/50歳代)
icon_l
健康管理(外資系/50歳代)
icon_r
処方箋の流れ、調剤薬局での応需率や後発品への切り替え状況(内資系/30歳代)
icon_l
他社情報(外資系/40歳代)
icon_r
タブレット端末を支給してほしい(内資系/20歳代)
icon_l
後発品メーカーの内情の把握(内資系/40歳代)
icon_r
知識(内資系/50歳代)
icon_l
周辺知識実臨床における具体的な症例(外資系/30歳代)
icon_r
説明会、講演会の制限(外資系/40歳代)
icon_l
医療制度の知識 ここのDrのニーズ情報(外資系/50歳代)
icon_r
医療知識。疾患や薬剤に関する、基礎的な知識が不足してきていると感じる。扱っている薬剤の最新情報等は、会社から配信されるし、常に新しい情報を仕入れているが、基本となる疾患や薬剤学の知識は新人の時以来なので、抜けてしまっている部分も多い。そうした部分を再度学ぶ機会が欲しい。MRはただの営業マン、ととらえている医療従事者が多い。一緒に使用薬剤について相談したりできる医療のパートナーという位置づけで見てもらえるようになりたい。(内資系/30歳代)
icon_l
絶対的な時間が足りない。その事で情報提供活動の根幹が揺らいでいる。(内資系/40歳代)
icon_r
誤解を生むようなプロモーションは良くない。接待もなし、ギミックの作成もしているところとしていないところとまだまだバラバラ。学術情報や薬剤の安全性で勝負できる環境になるべきと考える。(外資系/30歳代)
icon_l
面会時間(内資系/30歳代)
icon_r
e-channelの発展により、MR数を減らし、適正な人員で活動して欲しい(外資系/40歳代)
icon_l
情報(内資系/30歳代)
icon_r
医療従事者とお互いに効率よく面談できる方策(外資系/40歳代)
icon_l
もう少し患者のことを考えてほしい。現状実に自分目線(外資系/50歳代)
icon_r
資格(内資系/50歳代)
icon_l
商売気が強すぎて診療に支障が出ている(内資系/40歳代)
icon_r
本社スタッフが現場レベルまで目線を下げる(内資系/50歳代)
icon_l
Drとの連絡のためのメールアドレスを公開してほしい(内資系/50歳代)
icon_r
院内ルールを守って行動し、訪問規制が緩やかになって欲しい(外資系/50歳代)
MR活動をする上で足りない要素の具体的な内容では、「数字にとらわれない」「患者のために」など、患者のための情報提供を求める意見が見られる。その他では、「時間の不足」「時間を有効に使いたい」など効率的な情報提供や、「知識」が挙げられている。

アンケートにご協力ください

Q1. このページの印象を★の数でお知らせください。

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *