SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
地域包括ケアシステムに関するとっさのひとこと

製薬会社に要望する活動

薬剤師の先生に、製薬会社が実施している「地域包括ケアシステム」「地域医療」に関する活動の印象についてうかがいました。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 薬剤師
回答者数 保険薬局 27件
院内薬局 10件
主な質問項目 製薬会社が実施している「地域包括ケアシステム」「地域医療」に関連する活動の印象
「地域包括ケアシステム」に関連して製薬会社に要望する活動
標本台帳 SSRIパネル
実施時期 2017年10月

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.製薬会社の「地域包括ケアシステム」「地域医療」に関連する活動の印象

2.「地域包括ケアシステム」に関連した活動における製薬会社への要望

icon_l
薬局薬剤師に向けた勉強会の開催
icon_r
あくまで名目ありき、営業ありきな活動が多く見受けられる。 時には損得なしで行動する姿がみてみたい。
icon_l
訪問先のDr.が地域でのケア会議等に参加しているようであれば、まずはその情報をいただければと思う。さらに可能ならば参加してみたい薬局があることを伝達してもらえるとなおうれしい。
icon_r
コメディカルが疾患の疑いのある人を先生に紹介できるようなパンフレットをもっと作ってほしい
icon_l
対応している会社が多いのかさえ分からない。MRが全く訪問してくれない。
icon_r
そもそも、製薬企業は、地域に根付いていない。地域医療ですか? 無理でしょう
icon_l
まだ、地域の整備が整っていないのでは? 在宅支援のためのツール開発等
icon_r
実態がないので、現時点要望なし
icon_l
勉強会などの立案、協力
icon_r
在宅関連の勉強会
icon_l
普段忙しいドクターの橋渡しとして、些細な情報を提供してほしい。また、薬の剤型や簡易懸濁法などの情報を共有してほしい。
icon_r
勉強会への支援。関連資材や書籍の提供
icon_l
なかなか難しいかもしれないかと思います。
icon_r
役所主導の話だから仕方ない。 出来ないものは出来ないとはっきり意思表示するのもひとつの方法だと思う。
icon_l
特に認知症の薬がある製薬会社は定期的に地域ケア会議に出席するなど
icon_r
地域包括ケアシステムでは医師のみならず、薬剤師含めたコメディカルの活動が重要であることを意識して欲しい。売上に拘るあまり医師にしか訪問しないMRが大半だと思われる。営業ではなく医薬情報伝達者としての仕事を期待したい。
icon_l
施設間の連携システムの構築ができる様に集合研修の機会を設定して欲しい
icon_r
リアルタイムで地域の情報が欲しい
icon_l
すぐ思いつく話はありませんが、期待してます。
icon_r
地域の医療機関との連携のため、他職種との顔合わせのための講演会を開く
icon_l
すいませんが製薬会社がそのようなことをしていることを知りません
icon_r
患者が自己管理等により継続的に服薬できるよう、1日の服薬回数をなるべく少なくできる処方提案をお願いしたい。
icon_l
訪問看護師や介護職員などの勉強会を開催
icon_r
どの様な取り組みをしているか全く分からない
icon_l
嚥下困難者への対応は重要となると思う

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと