SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療に関するとっさのひとこと

医師のとっさのひとこと
  ――他の医師からの質問編

肺動脈性肺高血圧(PAH)に関する医療現場の会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 下記のすべての条件に合致する医師
・肺動脈性肺高血圧(PAH)の患者さんを診療している
・最近PAHに関して、患者さんや同僚と話をする機会があった
・病院に勤務している
回答者数 計100件
一般内科 11件/循環器内科 36件/呼吸器内科 35件/膠原病・リウマチ内科 12件/皮膚科 6件
主な質問項目 ・現在診療している肺高血圧患者数
・PAH患者さん(ご家族含む)から受けた答えにくかった質問とそれに対する回答
・質問をされた患者さんのプロファイル
・医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)にした質問とそれに対する回答
・医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)から受けた質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRにした質問とそれに対する回答
・医師が製薬企業MRから受けた質問とそれに対する回答
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクター
実施時期 2014年8月4日~8月6日

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.キーワードマッピング

肺動脈性肺高血圧症(PAH)について、他の医師からの質問では、治療に関する内容を中心に、「薬物治療」「リハビリ」「重症患者の治療」などが話題に挙がっている。

2.他の医師との会話

肺動脈性肺高血圧症(PAH)について、他の医師から質問された内容と、それに対する説明内容を下記に示します。

※アンケートからの抜粋です
ケース1:
icon_l
保険適応
icon_r
地域によって異なる
ケース2:
icon_l
PAH改善薬始めたら唇がはれることありますか?
icon_r
あります
ケース3:
icon_l
在宅酸素の適応は
icon_r
ある
ケース4:
icon_l
CTEPHの外科治療について
icon_r
中枢血管の血栓に適応あり
ケース5:
icon_l
膠原病の活動性は?
icon_r
コントロールしつつある
ケース6:
icon_l
ボセンタンを始めるタイミングをどうしよう
icon_r
その患者さんならもう始めてもいいかも
ケース7:
icon_l
クスリはなにがいいですかね?
icon_r
いろいろあるしね。。
ケース8:
icon_l
特定疾患を取るにはどうすればいいんですか
icon_r
右心カテもしないと行けないしやはり可能なら大学に紹介して精査してもらうのがいいですよ
ケース9:
icon_l
先生のPAHのお勧めの治療薬を教えて下さい。
icon_r
エンドセリン拮抗薬とPDE5阻害薬です。
ケース10:
icon_l
何を最初に使うのか
icon_r
血管拡張薬
ケース11:
icon_l
右心カテの頻度
icon_r
薬剤増量後の効果判定原則1年程度
ケース12:
icon_l
心タンポナーデによる肺高血圧ではありませんか?
icon_r
VSD術後で、先天性心疾患によるPAHです
ケース13:
icon_l
治療薬の使い分けは
icon_r
PSSなどであればボセンタン、肺疾患に伴うものならPDE-5阻害か
ケース14:
icon_l
状態が落ち着けば貴院に紹介したい。
icon_r
簡単な処方だけなら対応できます。
ケース15:
icon_l
重症PAH患者を受け入れられますか?
icon_r
当院では無理です
ケース16:
icon_l
高額医療負担について
icon_r
申請すべき
ケース17:
icon_l
何を追加するつもりか?
icon_r
心カテの結果を見てから
ケース18:
icon_l
末期治療の方針について
icon_r
あまり経験がない
ケース19:
icon_l
肺疾患に伴うPAHには何が効くんですか?
icon_r
シルデナフィルが効くかもしれないらしい。
ケース20:
icon_l
PAHって大変だよね
icon_r
そうだよね
ケース21:
icon_l
PHが肺疾患由来なのか肺動脈性なのかわかりません
icon_r
1群と3群の鑑別と3群の要素がある場合のPAH特異的治療の是非は、なかなか難しいよね
ケース22:
icon_l
指先潰瘍への、肺高血圧治療薬って効きますか?
icon_r
過去に効いたというエビデンスはあるが、保険適応や肝障害などの副作用の問題がある。
ケース23:
icon_l
運動療法は問題ないでしょうか?
icon_r
低酸素があるならば酸素療法を併用する必要はありますが問題はないでしょう。
ケース24:
icon_l
どのタイミングで単剤から2剤併用に切り替えるか。
icon_r
患者の6MWTやDLCOや心カテの結果を考慮して決める。
ケース25:
icon_l
コントロールが難しい場合どうするか
icon_r
薬の組み合わせを調節する
ケース26:
icon_l
トラクリアをなぜヴォリブリスに変えないの?
icon_r
MRがかわいいから
ケース27:
icon_l
肺高血圧症ってなんですか
icon_r
肺にいく血管の圧が上がることです
ケース28:
icon_l
合併しているCOPDの治療は何がよろしいですか?
icon_r
抗コリン薬
ケース29:
icon_l
どの薬が一番効くのか?
icon_r
なんともいえない
ケース30:
icon_l
強皮症の患者たくさんいますか
icon_r
PH一歩手前くらいの人が多いです。
他の医師からの質問では、「薬物治療」や「重症患者の治療」「保険適応」など、治療に関するより具体的な内容が見られる。

アンケートにご協力ください

Q1. このページの印象を★の数でお知らせください。

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと