SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
新規抗凝固薬(NOAC)に関するとっさのひとこと

製薬企業MRのとっさのひとこと
  ――医師からの質問編

新規抗凝固薬(NOAC)に関する医療現場の会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 下記のすべての条件に合致する医師
・最近1ヶ月間で、1名以上の患者さんに新規抗凝固薬を処方した
・最近、新規抗凝固薬に関して、患者さんや同僚と話をする機会があった
回答者数 病院の循環器医 32件
病院の神経内科医 30件
病院の心臓血管外科医 22件
病院の一般内科医 28件
医院・診療所内科医 29件
主な質問項目 直近1ヶ月間の抗凝固薬及び新規抗凝固薬(NOAC)の処方患者数
新規抗凝固薬を処方した患者さんの疾患名
医師が患者さんから受けた質問とそれに対する回答、及びその患者さんのプロファイル
医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)にした質問とそれに対する回答
医師が他の医療スタッフ(他の医師・薬剤師・看護師など)から受けた質問とそれに対する回答
医師が製薬企業MRにした質問とそれに対する回答
医師が製薬企業MRから受けた質問とそれに対する回答
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクター
実施時期 2014年9月5日~9月12日

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.キーワードマッピング

医師から製薬企業MRへの質問では、「副作用」についての内容を中心に、モニタリングの必要性、方法といった「モニタリング」に関する質問や、「薬価」に関する会話などが挙げられた。

2.製薬企業MRと医師の会話

新規抗凝固薬(NOAC)について、医師から製薬企業MRに質問された内容と、それに対する説明内容を下記に示します。

※アンケートからの抜粋です
ケース1:
icon_l
NOACの使い分けについての資料があったらほしいです。
icon_r
論文があるのでもって来ます
ケース2:
icon_l
NOACで凝固能をモニターする方法はあるでしょうか。
icon_r
APTTが参考にはなりますが、確立してはいません。
ケース3:
icon_l
鼻出血が生じたら、減量すれば、いいんでしょうか?
icon_r
出血傾向があれば、ワルファリンに戻してください。
ケース4:
icon_l
この薬は本当に効いているのですか?
icon_r
CCrに従って投与されていれば、効いているはずです。
ケース5:
icon_l
DVTに対する適応はいつ取れるの?
icon_r
現在検討中です。
ケース6:
icon_l
モニタリングは必要か。
icon_r
APTTを時々測定する。
ケース7:
icon_l
拮抗薬がないと困る。
icon_r
細かい定期受診がいらない反面そういったデメリットはつきものです。
ケース8:
icon_l
高齢者への投与に困ることがある。
icon_r
高齢者の適応範囲に当てはまれば投与していただきたい。
ケース9:
icon_l
抜歯の際は、どうしたらよいか?
icon_r
抜歯当日のみ中止で良い
ケース10:
icon_l
薬価が高くて処方しづらい。
icon_r
すみません。
ケース11:
icon_l
腎機能と薬剤の使用量に関する質問(具体的な患者さんに関して)
icon_r
簡易スケールを使用しながら常用量でOKですとお返事あり
ケース12:
icon_l
出血は多いのですか?
icon_r
すくないです。
ケース13:
icon_l
トルソー症候群にもNOACは使えますか?
icon_r
調べてきます。
ケース14:
icon_l
腎障害のある例の使い方は
icon_r
GFRを計算して使って下さい
ケース15:
icon_l
出血時の中和剤はありますか
icon_r
ありません
ケース16:
icon_l
NOACのそれぞれの特徴は?
icon_r
いろいろで自社の薬のみの文献です
ケース17:
icon_l
中和剤は?
icon_r
無いです。
ケース18:
icon_l
飲み忘れた時の対処は?
icon_r
短時間であればすぐに飲んでくれて良いです。
ケース19:
icon_l
効果判定はどうするの
icon_r
とくにありません
ケース20:
icon_l
本当にモニタリングしなくていいの
icon_r
腎機能には注意してください
ケース21:
icon_l
名前覚えられないんだけど。
icon_r
そうですよね。
ケース22:
icon_l
腎機能障害例では減量して使用しています。
icon_r
凝固能はいかがですか?
ケース23:
icon_l
人工弁置換術後の患者さんには使えませんか?
icon_r
今のところは、適応外になります。
ケース24:
icon_l
人工弁には使えますか?
icon_r
今のところ認可されていません
ケース25:
icon_l
高齢者にはどうですか?
icon_r
腎機能をチェックしてください。
ケース26:
icon_l
副作用事例
icon_r
なし
ケース27:
icon_l
安全性は?
icon_r
ワルファリンと同等以上です
ケース28:
icon_l
超高齢者には投与していいのか?
icon_r
データはありません
ケース29:
icon_l
抗血小板薬との併用はどうです
icon_r
当社の薬剤は他社に比して副作用の確率は低いです
ケース30:
icon_l
ほんとに効いているの?
icon_r
効果はあります。
  • 副作用に関しては、出血リスクの多寡についての他に、「中和剤」「出血傾向の指標(モニタリング)」についての質問が散見される。
  • モニタリングに関しては「不要であることの念押し」や「モニタリングの方法」を問う質問が見られる。製薬企業MRの回答では、「APTT」「腎機能」などが多く挙げられている。

アンケートにご協力ください

Q1. このページの印象を★の数でお知らせください。

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと