SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
SGLT2阻害薬に関するとっさのひとこと

医師のとっさのひとこと
  ――患者さんから質問編

SGLT2阻害薬に関する医療現場の会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 直近1ヶ月間に製薬企業MRからSGLT2阻害薬の情報提供を受けた医師
回答者数 病院の糖尿病専門医 71件
病院の内科医 59件
医院・診療所内科医 64件
主な質問項目 直近1ヶ月間の各社MRのSGLT2阻害薬の情報提供回数
MRから受けた情報提供の内容
医師が患者さんや医療スタッフに説明した内容
医師がMRにした質問内容
SGLT2阻害薬に期待すること
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクター
実施時期 2014年4月9日~4月11日

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.キーワードマッピング

2014年4月発売(調査実施時では発売予定)のSGLT2阻害薬について、医師と患者さんの会話の中では、「新薬発売」に関する内容を中心に、関連ワードとして、「有効性」と「作用機序」が話題に挙がっている。

2.患者さんと医師の会話

医師へのアンケート調査の中から、「患者さんからの質問」と、それに対して「医師が答えた内容」を下記に示します。
icon_l
Q.新しい糖尿病の薬が出るのか
icon_r
A.出る予定がある
icon_l
Q.尿に糖が出る薬はいつ発売される?
icon_r
A.4月に発売されるが、しばらくは2週間処方です
icon_l
Q.体重減少の程度
icon_r
A.1日、50~60gの、糖排泄となる
icon_l
Q.新しいいい薬
icon_r
A.有効性、副作用
icon_l
Q.どんな薬か
icon_r
A.尿に尿糖を出す薬
icon_l
Q.どういう新薬か
icon_r
A.効果とリスク
icon_l
Q.新しい薬が出る
icon_r
A.良い薬が出るので処方考慮
icon_l
Q.やせる薬が出るらしいですね
icon_r
A.お年寄りや腎機能低下している人には使えませんよ
icon_l
Q.今度良い糖尿病のくすりがでますよね
icon_r
A.尿に糖をだして、血糖を下げる薬
icon_l
Q.新しい薬が出来るのか
icon_r
A.まだ使用していないが、これから導入する予定
icon_l
Q.新聞で新しい糖尿病の薬が出るらしい
icon_r
A.薬の作用と効果について
icon_l
Q.糖尿病に対する有効性
icon_r
A.有効性
icon_l
Q.新しい糖尿病のクスリは自分にはどうでしょうか?使えますか?
icon_r
A.痩せている患者さんでは、体重低下作用があるので、適応しないと説明
icon_l
Q.新薬があるらしい
icon_r
A.採用します
icon_l
Q.いつから処方できるか
icon_r
A.春から処方できるが2週間処方になる
icon_l
Q.画期的な新薬
icon_r
A.まだ適応などの情報は十分でははない
icon_l
Q.新しい薬
icon_r
A.尿に糖を出す薬
icon_l
Q.体重低下するのか
icon_r
A.体重低下する
icon_l
Q.新しい薬が出るらしいですね
icon_r
A.あなたには向かない薬です
icon_l
Q.新しい薬が発売される
icon_r
A.尿糖を増やして血糖を改善する薬
icon_l
Q.新しい糖尿病の薬の自分への処方の可能性
icon_r
A.今は処方の必要なし
icon_l
Q.新薬が出るんですか
icon_r
A.すぐに使う薬ではない
icon_l
Q.インスリンの上乗せ効果
icon_r
A.ある
icon_l
Q.新しい糖尿の薬がでたの
icon_r
A.効果がある良い薬
icon_l
Q.糖尿病の新薬
icon_r
A.当院ではまだ使えません
icon_l
Q.新薬が出ると聞いた
icon_r
A.大まかな薬効について
icon_l
Q.食べてもブドウ糖を排出する夢のような薬が発売されるらしいですね
icon_r
A.夢のような薬ではなく、食事療法は必要です。不向きな患者さんも多い。
icon_l
Q.効果はどうか
icon_r
A.有効な人がいる
icon_l
Q.作用機序
icon_r
A.近位尿細管からの糖の再吸収の抑制によって血糖を降下させる。
icon_l
Q.自分に合うのか
icon_r
A.肥満体型で無いので合わない
SGLT2阻害薬が発売されるということで、新薬についての情報を求める患者さん、自分への処方の可能性をたずねる患者さんが見られた。
医師の回答では、新薬の処方を前向きに検討する医師がいる一方、薬剤の対象患者さんについては慎重に考えている医師も見受けられる。

アンケートにご協力ください

Q1. このページの印象を★の数でお知らせください。

Q2. ご家族がSGLT2阻害薬を処方されることになった場合、どの薬剤を処方してほしいと思いますか?

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと