SSRI Logo

医療現場とっさのひとこと

SSRI Logo
日常診療に関するとっさのひとこと

医師のとっさのひとこと(内科)
  ――患者さんからの質問編

内科医師の医療現場の会話についてアンケート調査を実施しました。
以下に結果の抜粋を示します。

共通調査概要はここをクリック

調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
調査対象 内科、小児科、精神科の医師
※第14回薬剤の使用動向調査(2015年)協力医師
回答者数 内科105名、小児科42名、精神科114名
主な質問項目
  • 患者さんから質問・要望があった疾患
  • 先生が答えにくかった質問・要望
  • その質問・要望への説明内容
標本台帳 社会情報サービス 調査協力ドクターパネル
実施時期 2015年5月-6月

※本掲載情報はアンケート結果をもとにして作成しておりますが、薬剤特性の評価を保証するものではありません。

1.患者さんと医師の会話

内科医師が、患者さんから質問されて答えにくかった質問・要望内容と、それに対する説明内容を下記に示します。
※アンケートからの抜粋です(50名分)
ケース1:
icon_l
(高血圧)血圧が安定しているので、薬をやめて良いのでは?
icon_r
薬でコントロールしている状態で、病気自体がなくなったわけではないので、飲み続けましょう。
ケース2:
icon_l
(脂質異常症)何に効くのですか?
icon_r
はっきりしないことが多い。
ケース3:
icon_l
(認知症)今後の悪化の抑制について
icon_r
完全な抑制は難しい
ケース4:
icon_l
(認知症)治して欲しい
icon_r
ゆっくりと
ケース5:
icon_l
(がん)免疫療法について
icon_r
効く患者さんと効かない患者さん
ケース6:
icon_l
(認知症)認知症を直してほしい
icon_r
改善することはできない
ケース7:
icon_l
(認知症)認知症の薬を飲んでも物忘れがひどい
icon_r
記憶力が改善することは難しい
ケース8:
icon_l
(認知症)あまり改善傾向がありませんが・・・
icon_r
進行を遅らせる(抑制する)効果しかありません。
ケース9:
icon_l
(整形外科疾患)モーラステープを貼るとしみが出来ると聞いたが。
icon_r
光線アレルギーなのでしみとは違うんだけど、そのアレルギーで荒れた肌がしみなっていくこともあるのかもね。
ケース10:
icon_l
(予防接種)ワクチン接種を一度に二種類打って大丈夫ですか?
icon_r
服薬等で判断した方がいい場合もあります。
ケース11:
icon_l
(COPD)薬をいつまで続けるのか?使っても変わらない。
icon_r
肺機能の低下を減らすには継続が望ましい
ケース12:
icon_l
(うつ病)いつまで薬を飲むのか
icon_r
しばらく経過を診ましょう
ケース13:
icon_l
(不眠症)眠れないのはどうしてですか?
icon_r
通常はストレスなどが原因になりますが
ケース14:
icon_l
(認知症)これで良くなるんですか?
icon_r
良くなることもありますし、ならないこともあります。 ただし、進行は抑えます。
ケース15:
icon_l
(認知症)認知症はなおりますか。
icon_r
何ともいえません。
ケース16:
icon_l
(認知症)認知症って、治らない病気なんですね。
icon_r
改善させたり、進行を遅らせたりすることは可能です。
ケース17:
icon_l
(がん)副作用についてすべて知りたい
icon_r
パンフレットを渡す
ケース18:
icon_l
(緩和療法)眠気を減らして苦痛をとってほしい
icon_r
ほぼ不可能
ケース19:
icon_l
(脳血管性認知症)良くなりますか
icon_r
できるだけのことはしましょう
ケース20:
icon_l
(不安神経症)いつ治りますか?
icon_r
いつかは約束できませんがそのうちよくなるでしょう
ケース21:
icon_l
(レビ-小体型認知症)今ついてきている弟(実は夫)がうるさくて困る
icon_r
兄弟仲良くやってください。
ケース22:
icon_l
(血液腫瘍)なんで治らないの?なんでよくならないの?
icon_r
そう思われる気持ちはわかりいます
ケース23:
icon_l
(禁煙)絶対やめられない。もう歳だし喫煙して病気になってもしょうがないと思えるからいいんだ!
icon_r
喫煙で起こる病気は命にかかわることが多く、苦しむことが多いからやっぱり禁煙を考えませんか?
ケース24:
icon_l
(高コレステロール血症)薬はずーと飲み続けなければいけませんか
icon_r
絶対ではありませんが・・・
ケース25:
icon_l
(脂質異常症)週刊誌に脂質異常症は治療する必要は無いと書いてあった
icon_r
それは、間違いです。
ケース26:
icon_l
(がん)治療を受けたくない
icon_r
病状を理解した上での選択であれば、、、
ケース27:
icon_l
(うつ病)眠くならない薬は無いですか?
icon_r
難しいです。
ケース28:
icon_l
(高血圧、資質異常症)一度薬を飲んだら、薬はやめられないのでしょ。だから薬をのみたくない。
icon_r
程度にもよるけど、しっかり食事療法をすれば、やめられることもある。そのためには通院して、検査結果をみていかなければならない。よほどがんばらないとやめれないよ。薬のんでも、将来少しでも長く元気でいられるほうがいいでしょ。だから薬を飲み始めたら?  
ケース29:
icon_l
(高血圧)薬を飲み始めたら、一生続けねばならぬのでしょう?
icon_r
食事・運動療法がキチッと出来れば、休薬もあり得ます。
ケース30:
icon_l
(肥満)体重増加を何とかして欲しい。
icon_r
気楽にダイエットしましょう。
ケース31:
icon_l
(脊柱管狭窄症)手術なしで直せないものか?
icon_r
症状コントロールを工夫して,どうしてもきつい時は手術を考える.
ケース32:
icon_l
(高血圧)風邪薬のように、高血圧を治す薬を出してほしい。
icon_r
高血圧の原因が分からないので、今ある高血圧の薬は、とりあえず血圧を下げるだけで、原因には効かないね。止めるとまた上がって来るでしょう。
ケース33:
icon_l
(うつ病)薬剤を切替えたときに、客観的にどういう風に効果判定するのか?
icon_r
明確に数字などで定量的に判断できるものではありません。症状などで経過をみることが多いです。
ケース34:
icon_l
(うつ病)不安感が、取れない。
icon_r
HOT中で,抗うつ剤の増量が難しい。
ケース35:
icon_l
(高血圧)降圧薬を飲み始めても、血圧が高くなるときと低くなるときがある。波がある。血圧が低くなりすぎると思って強くなって飲めない。
icon_r
少し弱めの薬に変えましょう。そのうち慣れてくるとおもいますよ。
ケース36:
icon_l
(運動器疾患)背中が痛い、息がつまる感などあり。原因はなんですか。
icon_r
自立神経やストレスなどでしょうか。
ケース37:
icon_l
(認知症)今治療法はないのか
icon_r
ありません
ケース38:
icon_l
(アルツハイマー型認知症)認知症に薬は効果があるのですか
icon_r
進行させない効果がある
ケース39:
icon_l
(認知症)効果はどうか? いつまで飲むのか?
icon_r
判定は難しいが現状維持できればいい。ある程度(半年くらい)は飲み続ける必要がある。
ケース40:
icon_l
(糖尿病)認知症があるのか、インスリンの自己注射がきちんとできているのか把握できない。
icon_r
次回までに善処できるか考えておきます
ケース41:
icon_l
(眼科)目がみにくいです
icon_r
眼科にいってください
ケース42:
icon_l
(再生不良性貧血)ATGの効果はどのぐらいでわかりますか。まな、治りますか?
icon_r
早い人で2-3ヶ月、遅い人で1年ほどかな?
ケース43:
icon_l
(認知症)物忘れを今より良くする薬はないのか?
icon_r
歳をとれば誰でも出てくるので、今より進行しないように薬を出します。
ケース44:
icon_l
(血液疾患)ATLLに帯状疱疹を合併した患者さんからの質問で、いつ帯状疱疹が治るのかとの内容
icon_r
日日薬ですね
ケース45:
icon_l
(認知症)ボケていないか?
icon_r
ボケている人は、自分からボケているとは言わないよ。
ケース46:
icon_l
(間質性肺炎)どのぐらい生きられますか
icon_r
ケースバイケースですが、一般的に発症から5年です。
ケース47:
icon_l
(生活習慣病)先日TVで○○が良いって言ってたけど、本当?
icon_r
TVは見ていないけど、あまり信用しない方がいいと思うよ。
ケース48:
icon_l
(不眠)くせになりますか
icon_r
なる場合もあれば。。。
ケース49:
icon_l
(感染症)他の医療機関で、マイコプラズマは一生に一回しかかからないと言われたが?
icon_r
特異抗体が産生されるが、徐々に減少するので、人によっては再感染することがある。抗体の効果がどれくらいの期間もつのかはわからないが、終生免疫ではない。
ケース50:
icon_l
(肺がん)セカンドオピニオンは必要ですか
icon_r
患者さんが不安に感じるのであれば選択に入れてもいいと思います

■本件お問い合わせ

本件に関するご意見、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

* は必ずご記入ください。

SSRI担当   大坂
お名前
お名前・フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容 *

医療現場とっさのひとこと