• ホーム > 
  • サービス
  •  > 対象国
  • ホーム > 
  • サービス
  •  > 
  • シンジケートリサーチデータ/DB製品
  •  > 薬剤の使用動向調査

    サービス

    薬剤の使用動向調査

    薬剤の使用動向調査(旧薬剤の使用状況・満足度調査)

     

    [TOPIC]

  • ホーム > 
  • サービス
  •  > 
  • シンジケートリサーチデータ/DB製品
  •  > SDMR®
  • ホーム > 
  • サービス
  •  > 
  • シンジケートリサーチデータ/DB製品
  •  > CIインサイト
  • ホーム > 
  • サービス
  •  > フィールドワークオペレーション

    サービス

    フィールドワークオペレーション

    調査課題によって、選択するべき調査手法も異なってきます。

    WEB調査を中心とした定量的調査全般に対応
    当社保有のパネルの他、協力会社のパネル登録者に配信を実施。複雑なデザインについてもスムーズなWEB作成を行います。低予算、短期間で実施が可能です。

    あらゆる疾患領域について定性情報の収集、詳細な聴き取りが可能

    • 会場調査
    • 訪問調査

    調査課題解決のためには最適な対象者への調査の実施が重要です。当社では専門分野で長年培ってきた実績を生かし、医療関係者のリクルートを進めることができます。また、医療分野に特化した調査員による大規模なインタビューにも対応することが可能です。

    当社ではオンライン調査、対面型調査含め、目的に応じたフィールドワークのオペレーションに対応致します。

    サービス

    サービス

    サービストップ

  • ホーム > 
  • サービス
  •  > 
  • シンジケートリサーチデータ/DB製品
  •  > 
  • NHWS
  •  > NHWS Epi Access

    サービス

    NHWS Epi Access

    NHWS Epi Access

    患者調査による主要10ヵ国165疾患・症状疫学データベース

     株式会社社会情報サービスは、弊社取り扱いの米国のカンターヘルス社のデータベースNHWS(National Health and Wellness Survey)のデータのうち患者推計・疫学情報に特化したNHWS Epi Accessを提供しております。

     NHWSは、主要10か国200万人以上の成人の一般生活者を対象にしたアンケート調査に基づくデータベースで、一般的な健康状態の他、165以上の疾患・症状に関する情報を取得しています。(NHWSの詳しい情報はこちら

    ■NHWS Epi Access

     NHWSのサービスの一つとして、NHWSでカバーしている全ての疾患・症状の有病率・診断率・治療率をまとめたNHWS Epi Accessがございます。疾患毎にサンプルサイズと拡大推計値を併記しており、オプションで重症度(Mild, Moderate and Severe)もお付けすることができます。
     以下に重症度をお付けした場合の例をお示しします。
    (各図はクリックすると拡大表示されます)

    NHWS Epi Access 重症度オプション

     こちらを用いて、潜在患者数や治療実態を含む市場規模を把握できるだけでなく、各国間・疾患間比較も可能です。

    NHWS Epi Access 活用イメージ
    NHWS Epi Access 活用イメージ
    NHWS Epi Access 活用イメージ

     医薬研究でも医薬品承認、薬価収載に向け取り組む過程で、TPP(Target Product Profile)を決定する際に、あるいは、アンメットメディカルニーズを把握する際に、患者視点の情報を活用するケースが増えてきています。

     NHWSでは、前述の通り、疾患領域別に未診断や未治療の患者を含む包括的な患者フローを把握し、患者推計ができるだけでなく、年齢や性別、学歴や年収、居住エリアなど患者属性に関する情報を基に様々なセグメントを作成することができます。また評価尺度などを用いた詳細分析も可能です。

    ■NHWSを用いた患者推計・疫学情報分析例

    1. 重症度別有病率
      重症度別有病率
    2. 疾患毎の評価尺度によるスコア別有病率
      NHWS Epi Access 疾患毎の評価尺度によるスコア別有病率
    3. 疾患別評価尺度による潜在患者推計
      疾患別評価尺度による潜在患者推計 1
      疾患別評価尺度による潜在患者推計 2

    ■お問い合わせ先

    株式会社社会情報サービス
    企画調査ビジネスユニット NHWS担当者
    TEL 03-3370-3474
    FAX 03-5350-1310
    e-mailnhws@ssri.com
    WebWebお問い合わせフォーム
  • ホーム > 
  • サービス
  •  > 
  • シンジケートリサーチデータ/DB製品
  •  > NHWS
  • ホーム > 
  • サービス
  •  > シンジケートリサーチデータ
    DB製品

    サービス

    シンジケートリサーチデータ
    DB製品

    PatientsMap、NHWS、CIインサイト、SDMR、薬価DB、使用動向と様々なラインナップ。医師の疾患診療率、一般生活者調査による患者情報、競合情報分析、医師のメディア接触状況、全薬剤の約40年に渡る薬価、主要薬効の使用動向など、求める情報の把握が可能。

  • ホーム > 
  • サービス
  •  > 
  • シンジケートリサーチデータ/DB製品
  •  > 
  • NHWS
  •  > 主な活用目的

    サービス

    主な活用目的

    Patient Self-Reported Outcomes

    NHWS患者がわかる!

    National Health and Wellness Survey
    世界10ヵ国・200万人以上の一般生活者の
    疾患と健康および日常生活に関するデータベース
    165以上の疾患・症状をカバー

    ■NHWSの主な活用目的

    貴社の戦略的分析と外部への情報発信とがあります。

    患者推計・疫学情報

     併せて、「NHWS Epi Access」もご覧ください

     疾患領域別に未診断や未治療の患者を含む包括的な患者フローを把握し、患者推計が可能です。また、年齢や性別、学歴や年収、居住エリアなど患者属性に関する情報を基に、様々なセグメントを作成することができます。

    患者属性に関する情報を基に、様々なセグメントを作成

     顕在市場だけでなく、潜在市場の患者特性・背景も分析可能です。重症度など疾患の症状やその頻度、使用薬剤・併発疾患などに関するデータを抽出することができます。最近は医薬品の高額化に伴い、世帯総収入や加入保険に関連した分析も増えています。また副作用への抵抗感など患者の医療に対しての考えや行動を見ることも可能です。

    分析例(1)II型糖尿病患者高血圧症患者、肥満傾向にある人についてのベン図

    分析例(2)PHQ-9スコアによるうつ病患者、不眠症患者、疼痛患者についてのベン図

    ヘルスアウトカムリサーチ

     併せて、「アウトカムリサーチへの取り組み」もご覧ください

     メディカルアフェアーズ部門やアカデミア参加の下、患者アウトカム (Patient Self-Reported Outcomes) を分析し、ポスター/論文の作成が可能で、これまで世界で900件以上(2017年現在)が発表されています。

     調査票には、Quality of Life(QOL)をみるEQ-5D-5L/SF-36など様々な評価尺度、疾患別スケールが入っており、例えば、ある疾患患者と他のグループとの比較やアンメットニーズなどについて分析することで、ある疾患における患者のQOLや疾患による労働生産性・日常生活への影響(WPAI)、患者報告による使用薬剤に対しての満足度やアドヒアランス良好・不良など、患者の現在の状況をプロファイリングすることができます。

    ヘルスアウトカムリサーチ

     学会やジャーナルで発表したポスター/論文はターゲット医師へのプロモーションツールとして役立ちます。

     これまで発表されたポスター/論文については以下のリンクより閲覧可能です。
    http://www.kantarhealth.com/our-work/clinical-publications

    ■お問い合わせ先

    株式会社社会情報サービス
    企画調査ビジネスユニット NHWS担当者
    TEL 03-3370-3474
    FAX 03-5350-1310
    e-mailnhws@ssri.com
    WebWebお問い合わせフォーム